執行役員 弁護士 家永 勲よりメッセージ|弁護士採用求人サイト | 弁護士法人ALG&Associates

サイト

先輩弁護士の経験と新人弁護士の発想を活かした事件の処理と最適なサービスを追及

弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士 家永 勲

私は、弁護士登録後、1年間、大阪の法律事務所に勤めた後、当法人へ転職しました。
転職前の事務所では、弁護士登録したばかりということもあり、右も左もわからぬまま、与えられた仕事、指示された仕事をひたすらこなすというような有様で、弁護士として過ごしていても、このまま毎日を過ごしていって得られるものはあるのだろうかと思っていました。

1年が過ぎようとする頃、転職を決断し、場所も取り扱っている事件も大きく異なる当法人へ転職してきました。

弁護士法人ALGに来てからは、与えられる業務は当然あるものの、事務所には、正しい意見を尊重するという雰囲気がありました。いわゆる「期の序列」など気にすることなく、そこにあるのは、先輩弁護士の経験と新人弁護士の発想を活かした事件の処理と最適なサービスを追及するという顧客目線の弁護士業務でした。

意見を尊重される雰囲気は、一方で、弁護士として常に考え、様々な発想からベストな解決を模索し続けることが求められました。このことは、新人であろうと、経験があろうと同じです。いかなる事件についても、何とかならないか?と自問自答を続け、一所懸命にアソシエイトとして過ごした結果、転職してから2年が経とうとする頃、当法人のパートナーに就任することができました。


幸いにして、私は、事務所の弁護士数が10名程度の頃に事務所に加入したので、その後、支部を展開し、現在の規模になるまでの事務所の成長を経験することができました。実際に経験したからこそ感じることができたのは、事務所の成長・発展のためには、地道な顧客の信頼獲得への努力と弁護士達の成長が不可欠だということです。新たに入所してくる弁護士の活躍なくして、事務所の発展は望めませんので、当法人の弁護士は、できる限り後輩の相談に応じることが慣習となっており、すべての弁護士が成長するよう望んでいます。


これからも業務を拡大し、さらに広い地域において弁護士法人ALGのリーガルサービスを提供するためには、多くの弁護士に弁護士法人ALGに参加してもらうことが必要と感じています。事務所が成長していく過程を感じていきたい熱意のある弁護士が参加してくれることを期待しています。

執行役員 弁護士 家永 勲
代表・パートナー弁護士メッセージ一覧へもどる