執行役員 弁護士 山岸 純よりメッセージ|弁護士採用求人サイト | 弁護士法人ALG&Associates

サイト

自ら"ホニャララ"を提案することができ、
それを実行することが出来る人。

弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士 山岸 純

修習生のみなさん、転職を考えていらっしゃる先生方、はじめまして。当弁護士法人にてパートナー(株式会社で言うところの取締役)を務めております山岸純です。詳しくは「山岸純」をGoogle検索してみてください(日展の画家さんではありません)。
さて、弁護士になったからにはいつかは「自分の専門」を見つけたいと考えているみなさん、いつかは有名になりたいと野望をもっているみなさん、とにかく好きな法律分野だけをとことんこなしていきたいと考えているみなさん、是非とも当弁護士法人への入所をご検討ください。

当弁護士法人では、これまで蓄積された確かな経験と戦略的広告活動によって既に確立した法律分野(企業法務分野、交通事故被害者弁護活動分野、家事・刑事分野、医療過誤被害者弁護活動分野その他)における業務を、入所したその日から担当し、研鑽を積むことができます。
そして、もし、これらの法律分野を経験した後、新しい分野を開拓したい、さらに既存の分野からさらに細分化した分野を追究していきたいという

希望があるなら、「期」を問わず、是非、提案してください。「時機」と「熱意」によるシナジーが見込める限り、当弁護士法人は「期」にかかわらずみなさんのトライに応えます。

さらに、「とにかく有名になりたい」という方、当弁護士法人では、各種メディアとの提携により、時事問題や事件・ニュースに対するリーガル・オピニオンを発表する機会を設けています。「池上彰先生のように、この法律問題を解説してみたい」という野望をもっている方にも応えます。


かくいう私ですが、もともと八重洲にある小規模の法律事務所に勤務していましたが、3年ほど前、そこで弁護士業を続けることに発展可能性を見いだせず、弁護士9年目にして転職を決意しました。9年選手が転職をすることは、正直、大きなリスクを伴います。独立して事務所を構えたほうが早かったかもしれません。しかし、大手と言われる法律事務所を含め数多くの法律事務所をあたりましたが、その中で、ここなら「自分をもっと売り出すことができる」と直感し、迷うことなく転職した次第です。 転職後、2年目にはパートナーに就任し、現在は、法律業務としては企業法務を担当しながら、内部業務として民事・刑事事業部の指導・育成と、当弁護士法人におけるメディア戦略を担っています。


最後になりますが、法律事務所選びは、「規模」や「立地」や「どんな先輩弁護士がいるか」ではなく、「その法律事務所が何を目指しているか」でもないと思います。
当弁護士法人は、「(既に設定された)"ホニャララ"を一緒に目指して行ける人を求めています」というありきたりな話ではなく、「自ら"ホニャララ"を提案することができ、それを実行することが出来る人」を探しています。

執行役員 弁護士 山岸 純
代表・パートナー弁護士メッセージ一覧へもどる