弁護士採用

東京法律事務所 交通事故事業部 72期 弁護士有村 朋江東京弁護士会所属

※令和2年12月掲載時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 有村 朋江

弁護士法人ALG&Associatesへ入所した決め手はなんですか

事業部制を採っていることから、高い専門性を身につけることができると考えたため。

女性が働く環境として、いかがですか?

女性であるからという理由で不利な扱いを受けることは全くありません。事務局の方も女性が多いので、周りに女性が多いという点では働きやすいと思います。

また、産休や育休を取られている先生や、小さなお子様がおられるため勤務時間を調整しておられる先生もいらっしゃいますので、制度面から見ても働きやすい環境なのではないかと思います。

入所前と入所後で印象の違いはありましたか

入所前の説明会では、新人弁護士に対する指導体制が整っている等の説明を受けていました。実際に入所してみて、新人弁護士を対象とした勉強会や、新人弁護士と2年目の弁護士を対象とした勉強会が開かれていたり、同じ事業部の先輩弁護士から手厚い指導をしてもらえたりすることから、特に印象の違いは感じていません。

弁護士法人ALG&Associatesで働く魅力はなんですか

特定の分野において数多くの事件を扱うことによって、高い専門性を身につけることができる点が魅力だと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

雰囲気はとても良いと思います。先輩弁護士は、いつ質問をしても丁寧に答えてくれますし、事務員の皆さんも気さくな方ばかりなので、和やかな雰囲気の職場だと思います。

先輩弁護士、事務員の方との交流はいかがですか

弁護士同士の会話は活発だと思います。各自が担当している事件について悩んでいることがあると、その悩みを共有し、議論をすることは多々あります。また、クライアントからの連絡があった場合や事案に進展があった場合、弁護士と事務員で素早く情報共有する等の連携もしっかりと取っており、事務員の方とも良い関係を築けていると思います。

現在の役割、業務内容について教えてください。

現在は、先輩弁護士が受任した案件について、処理担当弁護士として事案処理にあたる役割を担っています。また、自らが受任弁護士として事案にあたる役割も担っています。業務内容としては、新規相談のほか、保険会社の電話対応やクライアントへの進捗報告の連絡等の対応をしています。

今後の成長とキャリアビジョンを教えてください。

多くの交通事故案件を処理していく中で、少しでも早く交通事故案件に精通できるように成長したいと考えています。

また、現在は交通事故事業部に配属されていますが、いずれ民事・刑事事業部でも経験を積むことを希望しています。自分の興味のある分野はどの分野か、自分に最も適性があるのはどの分野かということを見つけ、キャリアを積んでいきたいと思っています。

1日のスケジュールを教えてください。

1日のスケジュールとしては、出勤してまず1日の予定の確認やメールチェックを行います。新規相談がある場合は事前に相談内容を確認し、どのようなアドバイスができるかについて検討した上で、相談に臨みます。相談者の受任に繋がれば、契約書の作成を行います。

その他の業務としては、保険会社との電話対応やクライアントへの進捗報告等の連絡、起案などがあります。

最後に弁護士を目指している方や弁護士法人ALG&Associatesに興味がある方へメッセージ

ALGの特徴は、何といっても事業部制を採っていることにあります。

ある特定の分野に秀でていることは、弁護士として強みになると思います。少しでもALGに興味があるという方は、説明会等に参加して、ALGの雰囲気を感じてみてもらえればと思います。

※令和2年12月掲載時点でのインタビュー内容です