埼玉支部 71期 弁護士本多 将大埼玉弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 本多 将大

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

ロースクールの友人がALG&Associatesに入所しており、彼からは、多種多様な案件を処理でき、業務の幅が広いよと常日頃から聞いておりました。私自身、一定分野に限らず多様な案件を処理することができる弁護士を目指していたため、弊所であれば、私自身の理想と一致するのではと思い、数ある事務所の中から弊所を選びました。実際、弊所で働いてみると思っていた倍以上多様な案件があり、毎日大変ではありますが、充実した日々を送っています。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

第1は、土日が完全休日であることです。法律事務所によっては、日曜日のみ休みである等、リフレッシュする機会が絞られますが、弊所では事務所全体が休日出勤を強いるということはございません。

第2は、多種多様な案件があることです。一般民事事件をはじめ、刑事事件にも力を入れておりますので、弁護士として必須な知識及び能力が必然的に身につきます。仮に、将来、独立する場合であったとしても、弊所で培ったスキルは必ず役に立ちます。

第3は、多くのご依頼がある点です。第2と関連しますが、弁護士としての能力を身に付けるには、同種の案件を何度も処理することによって、初めて自分の血となり肉となります。弊所であれば、数多くのご依頼がございますので、自己の能力を高めるには打ってつけの事務所であると自負しております。

事務所の雰囲気はいかがですか?

埼玉支部では、現在、弁護士が私を含め、7名おります。入所1年目である私に対して、各弁護士が事件について適切な指導をしてくれますし、議論に花を咲かせることも多くあります。入所してすぐの頃は、右も左もわからない状況でしたので、先生方に数多くの質問や不安を投げかけていたのですが、先生方は嫌な顔をせず、どう対応すればよいか等親身になって教えてくれました(今でも、多くの質問をしていますが(笑))。

また、先生方は、第1に「君は、どう考えるの」と聞いてくれます。そのため、弁護士1年目から、自分の考えで事件を処理しているんだと強く感じますし、責任感を持って仕事に臨むことができます。

埼玉支部所属と伺いました。埼玉支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

埼玉支部では、顧客感動を実現するために、日々ご依頼者のために何をすべきかを考えております。法律相談の際には、ご依頼者の最大の希望は何なのか、何を求めているのか、それを実現するためにどういう行動をすべきなのかを考えて受け答えします。受任した際には迅速かつ正確に事件処理を行っております。

なかでも埼玉支部の1番の強みは、共感力にあり、勉強だけでなく、人生経験豊富な先生方がおられますので、言葉の節々に説得力等があります。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事の種類としては、交通事故・離婚・相続・刑事(少年事件も含む)等、数多くの案件があります。関与態様としては、交渉・調停・裁判等、あらゆる態様で関与します。

仕事のやりがいは、やはり事件が上手くまとまった場合等の際に、ご依頼者様からお礼を言われるときです。人の役に立っていると素直に感じる瞬間ですし、何のために弁護士を目指したのかを再確認できます。当たり前ですが、ご依頼者様は本当に困惑した状態で来所されますので、その方に少しでも手を差し伸べることができるのは、この仕事ならではと思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

弁護士1年目は、わからないことだらけではありますが、先輩弁護士が親身になって相談に乗ってくれるため、一人で案件処理に悩むことはないです。また、適切に指導・助言をしてくれるため、弁護士として成長できる環境がここにはあります。さらに、数多くの弁護士がおりますので、様々な考えを学ぶことができ、自分の色を決めるうえで、非常に参考になります。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

多種多様な案件を扱っておりますので、弁護士としての知識・経験は当然身につきますが、弊所では顧客感動を実現することを経営理念としておりますので、ご依頼者様の要望を実現するために何をすべきかを第1に考え、その考えを実行することができる弁護士になれます。解決が難しい事件である場合、ご依頼者様を救うために何ができるのかを常に考えていなければ、視界が開けることはありません。ご依頼者様を助けたいという気持ちが強い方には、弊所はお薦めです。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

忙しい時

通常時

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です