弁護士採用
マイページログイン

弁護士法人ALG&Associates 大阪法律事務所 74期 弁護士石川 公貴大阪弁護士会所属

※2022年8月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 石川 公貴

弁護士法人ALG&Associatesへ入所した決め手はなんですか?

私は入所する事務所を決める際、特定の分野だけではなく、様々な分野の事件について経験を積むことができるかどうかを重視していました。実際に弊所のオータムインターンに参加したところ、非常に多くの分野を取り扱っていることが分かりました。そのため、弁護士法人ALGに入所すれば多くの経験を積み、弁護士として成長できると思ったことが、入所を決めた大きな理由の1つです。また、弊所の先輩弁護士や事務局の方が優しく、分からないところがあった際に質問しやすい雰囲気であったことも入所を決めた理由の1つです。

入所前と入所後で印象の違いはありましたか?

ありました。特に、違いがあったのが勉強会です。大阪法律事務所では、毎朝10時~11時まで勉強会が開かれており、その中で先輩弁護士が離婚・交通・相続事件の基礎について教えて下さいます。他事務所の同期の弁護士の中には、右も左も分からないまま、いきなり大量の案件を振られている人もいると聞いています。その中で、新人弁護士の段階で離婚・交通・相続事件の基礎について学んだ上で、実務に取り組むことが出来るのは非常に大きなアドバンテージになると思います。

弁護士法人ALG&Associatesで働く魅力はなんですか?

新人弁護士の段階から様々な分野の事件に触れることができる点に特に魅力を感じています。弊所の場合は、弁護士の数が多いこともあり、各分野について精通されている先生方がいらっしゃいます。それぞれの先生から各分野についての事件処理のポイントや経験談をお聞きすることができるため、自分自身の仕事の幅を広げることができると確信しています。

事務所の雰囲気はいかがですか?

非常に良いと思います。弊所では、自分の机と他の弁護士の机との間にパーテーション等の仕切りがないため、分からないことがある場合はすぐに周りの先生に相談することができます。また、先輩の先生方は忙しい中でも、手を止めて相談に乗ってくださいます。そのため、分からないことがある場合に一人で抱え込んでしまうことはありません。

先輩弁護士、事務員の方との交流はいかがですか?

先輩弁護士はいずれも気さくな方で、事件のことだけでなく日々の生活で困ったことがある場合にも相談に乗って下さいます。また、事務員の方も仕事を頼んだ際には快く引き受けてくださり、細やかな気配りをして下さいます。特に入所したばかりの際は、事務手続等で分からないことも多いため、積極的に質問するようにしています。

現在の役割、業務内容について教えてください。

先輩弁護士と一緒に受任した事件について、担当弁護士として事件処理を行っています。事件処理に当たっては、一旦自分で処理方針や対応策を考えた後、先輩弁護士からアドバイスを頂いています。先輩弁護士から、事件処理で特に問題となるポイントや注意すべき点等について教わった際には、メモをまとめておき、後で同様の事件を担当することになった場合に活かせるように心がけています。

今後の成長とキャリアビジョンを教えてください。

まずは、現在弊所で受任する頻度の高い分野について、スキルを習得し、1人で案件を処理することができるようになることを目指しています。また、将来的には、その他の分野についてもスキルを身に付け、より難度の高い案件にも挑戦していきたいと考えています。弊所では多種多様な事件を取り扱う機会があることから、目の前の事件を1つ1つ処理していけば確実に成長できると感じています。

1日のスケジュールを教えてください。

  • 9:50出社
  • 9:50~10:00メールチェック
  • 10:00~11:00勉強会
  • 11:00~13:00書面作成・文献調査等
  • 13:00~15:00法律相談
  • 15:00~16:00昼食
  • 16:00~18:30書面作成・文献調査等
  • 18:30~20:00電話対応・書面作成等
  • 20:00帰宅

最後に弁護士を目指している方や弁護士法人ALG&Associatesに興味がある方へメッセージ

弊所では多種多様な事件を取り扱う機会があることから、目の前の事件を1つ1つ処理していけば様々な分野についての基本的知識を身に付けることができます。また、弊所の場合は、弁護士の数が多いこともあり、各分野について精通されている先生方がいらっしゃいます。そのため、それぞれの先生から各分野についての事件処理の際のポイントや経験談をお聞きすることができます。
弁護士法人ALG&Associatesでは、弁護士として大きく成長できる環境が整っていると思います。ご興味のある方は、ぜひ弊所のサマークラーク等にご参加ください。

※2022年8月末日時点でのインタビュー内容です