東京オフィス 70期 弁護士川越 悠平東京弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 川越 悠平

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

事務所の雰囲気が自分に合っていたからです。私は、なるべくアットホームな雰囲気でのびのび成長したいタイプでしたので、この事務所はその理想にピッタリでした。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

ほかの事務所がどうなのかはわかりませんが、事務所のいいところは先輩弁護士や事務局と仲が良く、色々教えてもらえる所です。雰囲気もいいですし、仕事もしやすいです。

入所して良かった点としては、ある程度事件を与えてもらっているので、仕事のノウハウを先輩弁護士に聞いたり、自分で見つけながら、スキルアップを図れることでしょうか。

事務所の雰囲気はいかがですか?

明るくて楽しい雰囲気の事務所です。事務局との雰囲気もいいですし、アットホームな感じだと思います。弁護士間、事務員間でも他愛のない話もしますし、ほぼストレス無しに仕事ができます。たまに、事務局を含めての飲み会やイベント事もあります。

民事・刑事事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

民事事件については、離婚や不貞慰謝料に関する事件が多いと思います。案件処理としては、離婚については、交渉から入り、交渉でまとまらなければ、調停に進み、調停不成立であれば、人事訴訟に移行とするという形です。不貞慰謝料請求については、交渉から入り、交渉でまとまらなければ、訴訟に移行するという形です。ただ、なるべく早期解決を図りたいので、なんとか交渉でまとめるようにはしています。

刑事事件については、被害者との示談や捜査機関への対応、公判対応というところでしょうか。特に、被疑者段階の場合は、時間が重要ですので、受任後すぐに接見にいくこともあります。また、示談については、被害者の方は深く傷ついているので中々難しいところもありますが、なんとか許していただけるように最大限の誠意を示すことが大事だと思います。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容については、法律相談やクライアント・相手方への対応、書面の作成が中心でしょうか。

仕事のやりがいとしては、こちらに有利に紛争が解決したときの達成感やそれに対してクライアントから感謝されることです。仕事のモチベーションにもなりますし。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

よいと思います。互いに足りない部分を補い合いながら仕事ができるので、相乗効果がありますし、いい結果につながりやすいと思います。

また、事件処理を通して、先輩弁護士から色々教えてもらえるので、自分のスキルアップも図れます。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

何でもこなせる、適正かつ迅速な事件処理ができる弁護士になれると思います。手持ちの事件数も多いですので、迅速に事件処理をしなければ回りません。同時に、事件処理のクオリティーも当然クライアントから求められますので、適正な事件処理も重要です。この事務所で働くことによって、スピード感をもって、クオリティーの高い仕事ができる能力が身につくと思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

朝、出社したらまずメールのチェックから始まります。その後は、法律相談が入ったり、期日に入ったりと色々です。その間に、書面作成や電話をしたりと、スケジュール的にはビッシリです。

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です