弁護士採用

東京オフィス 医療事業部71期 弁護士真鍋 敬治東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 真鍋 敬治

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

①仕事内容に興味があったこと及び専門性が身に付けられること
②組織化を志向していて、将来性を感じたこと

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

①事務所を運営するパートナー陣との距離が近いこと(意見を言いやすいこと)
②新宿から一駅ずれていて、人混み度が高くないこと

事務所の雰囲気はいかがですか?

事務所を運営するパートナー陣も含めて明るく元気です。

医療事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

特徴:
①文献その他の調査をしている時間が長いこと
②個性が尊重されていること(おそらく以下の案件処理方法からくる要請)

案件処理の進め方:事実収集→医学的な原因の調査→法的な検討→損害賠償請求
(各段階で、相手方の”体のよいぼかし”と戦う必要があります)

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

①CLは戦う術を持たないので代理しがいがある。
②相手方は本音を明かさないので戦いがいがある。
③最後は科学的真実の戦いなので勉強しがいがある。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

一つの島にまとまっているので、他人の会話に割り込んだり割り込まれたりしながら連携しています。自分自身は、分からないことは、すぐ前か横か斜めの席に座っている先輩弁護士に聞いています。ちなみに、生活上困ったことは、すぐ同期を頼っています。(もちろん、人事総務部を初め事務方も頼りにしています)

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

①専門性を有した弁護士
②協調性のある弁護士(人数が多く、組織的なので)

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 10:00出社
  • 10:00~13:00書面作成・文献調査等
  • 13:00~14:00昼食
  • 14:00~16:00法律相談
  • 16:00~17:00議論(という名の歓談)
  • 17:00~21:00書面作成・文献調査等(適宜、間食・夕食)
  • 21:00退社

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です