弁護士採用

東京オフィス 企業法務事業部71期 弁護士水島 稜太東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 水島 稜太

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

①昨年の4月頃、ALGに転職してすぐの友人に、良い環境なので一度面接を受けてみるよう勧められた。

②代表及びパートナーの先生方に面接で「入所から主体的に案件に関わりたい」という希望をお話ししたところ、会話が非常に弾み、それまで受けた面接の中でもかつてなかった好感触を得たところ、そのまま内定を頂くことができたので、受諾した。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

比較的自由に案件を任せてもらえる上、先輩弁護士の懇切な指導を受けられること。

上記の「主体的に案件に関わりたい」という希望は叶っているように感じています。

事務所の雰囲気はいかがですか?

疑問点を先輩弁護士に質問しやすいという点で、風通しがよい職場だと感じています。

個室ではなく、事務局及び弁護士が一つの大部屋で働くメリットだと思います。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

納期の短い仕事が多く、案件処理にスピード感が求められていると日々感じています。

また、多種多様な仕事が来るため、日々勉強に追われています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

建物明渡訴訟及び労務関係の法律相談が特に多いです。

私はその他に、国家賠償請求訴訟、借地非訟手続、海外に本社を置く日本法人のアウトバウンド事業に関するリサーチなどに携わっています。

自分ではなかなか発想の及ばないビジネスの法的問題の対応に携わることができ、日々想像力を鍛えられています。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

上記のとおり、先輩弁護士に質問しやすい環境だと感じています(もちろん自分でよく調べて考えた上で質問することが前提となりますが)。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

働き始めてから数ヶ月なので、いま自分が何者かになれたという実感はないのですが、他方で、きちんとしたイメージを持ってそれに向かって努力すれば、どのような弁護士にでもなれるように感じています。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 10:00頃出社、メールチェック
  • 10:15~13:00前日夜に来た法律相談に回答、先輩弁護士にレビューをお願いする
  • 13:00~14:00昼食(わたしはなるべく外で食べるようにしています)
  • 14:00~16:00建物明渡訴訟の訴状起案
  • 16:00~18:00クライアントへの案件経過報告書を起案
  • 18:00~19:00先輩弁護士のレビューを受けた起案が真っ赤になって返ってきたのでがっかりしながらも修正
  • 19:00~22:00就業規則のレビュー、国家賠償訴訟の起案など
  • 22:00退社

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です