千葉支部 71期 弁護士永井 龍千葉県弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 永井 龍

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

事業部制を採用していて進歩的である点、所内での新人教育や勉強会が充実している点、弁護士同士の情報共有が活発であることが伺えた点で、自分が弁護士として成長できる事務所だと考えたから。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

法律相談の件数が他の事務所に比べて多いこと。多くの事件を経験することで、弁護士としての早い成長が期待できます。

受任検討会といって、受任できなかった法律相談について、どうすれば受任に至ることができたかを検討する勉強会が定期的に開かれています。そこでは、他の弁護士の法律相談の仕方が学べるので、法律相談の方法について視野が広がりました。

事務所の雰囲気はいかがですか?

事務所は、支部長がデザインしたおしゃれな内装です。所内ではクラシック音楽が流れ落ち着いた雰囲気があります。

事務員さんはパワフルに働いており、弁護士との関係も良好です。弁護士は皆さんそれぞれに個性を持っており、お互いの個性を理解し尊重し合いながら切磋琢磨して仕事に取り組んでいます。二人以上の人間がいれば何かしらの人間関係のいざこざはあるかもしれませんが、おおむね良好な人間関係が築かれていると思います。

千葉支部所属と伺いました。千葉支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

千葉支部では、離婚・相続関係の案件、交通事故の案件が多いです。それに加え、医療関係の案件も扱っています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容は、法律相談から、交渉、裁判手続、書類作成等様々です。依頼者は皆さん紛争の当事者として真剣に悩み、相談に来ています。相談内容が依頼者の一生を左右するものであるだけに、「きちんとした仕事をしないといけない」とその責任の重さに身が引き締まる思いがします。その責任の重さの分、仕事のやりがいもあると思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

変則的な合意書を書かなければならなくなった際に、東京の専門事業部の弁護士に電話で連絡を取り、合意書の書き方について相談をさせていただいたことがあります。その方の迅速かつ丁寧な指南を得られたおかげで、合意書を完成させることができ、無事に事件解決に至りました。このようにALGでは、他の弁護士の協力が得やすい環境が整っていると思います。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

離婚・相続・交通事故に強い弁護士になれると思います。事件数が多いので、他事務所より早くそのような弁護士になれると思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

コアタイムは、法律相談に入ったり、交渉を進めたり、裁判所に出廷したり、細々とした書類を作成したりしています。コアタイム後は、コアタイム中にできなかったものを処理したり、仕事中に出てきた緊急性のない疑問点を参考書等で調べたり、起案をしたり、担当している事件の処理の仕方を検討したりしています。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です