弁護士採用
マイページログイン

弁護士法人ALG&Associates 東京法律事務所 民事・刑事事業部 73期 弁護士中澤 拓夢東京弁護士会所属

※2021年4月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG&Associates 中澤 拓夢

弁護士法人ALG&Associatesへ入所した決め手はなんですか?

面接において、私自分の思いや考えを「いいじゃない!」と肯定的に評価・共感してくれたので、この事務所であれば自分を評価してくれる人が沢山いて、その中でのびのびと成長することができるのではないかと思ったからです。また、弁護士の数が多いので、それぞれの弁護士の「やり方」を学べるのではないか、一緒に事務所を作っていけるのではないかと思ったからです。

入所前と入所後で印象の違いはありましたか?

ありました。入所前は、新人からベテランまで、スペシャリストからジェネラリストまで、多種多様な弁護士がいるのかなという印象がありました。民事・刑事事業部には、若手の弁護士が多く、取り扱っている案件の多くが家事に関連する事件だったので、弁護士が相互に相談し合いながら事案を処理し、専門性を磨いているなという印象があります。

弁護士法人ALG&Associatesで働く魅力はなんですか?

規模が比較的大きい事務所なので、事務所の看板や名声に惹かれて相談者・依頼者が来所されることが多く、「仕事がない」といった事態が生じないことです。また、専門的なスキルを磨いた弁護士及び事務局がいるので、四方八方から学びを得られる状況にあることです。

事務所の雰囲気はいかがですか?

自分の所属する事業部は、気楽に相談ができるようなアットホームな雰囲気だと思います。他方で、自分の所属する事業部の弁護士や事務局の方と話すことが多く、それ以外の事業部や拠点と日常的に話す機会があるわけではありません。一般企業のオフィスと同じような雰囲気があると思います。

先輩弁護士、事務員の方との交流はいかがですか?

仕事中の交流については、質問しやすい、話しやすい雰囲気だとは思います。コアタイムが終了した後は、お互いの案件について相談・雑談をしながら、案件に取り組むことが多いので、楽しいと思います。事務局の方とはざっくばらんに雑談をすることもありますが、当然ながら、基本的には案件処理に関する話が多いと思います。私的な交流については、コロナの時期なので交流がありませんから、わかりません。

現在の役割、業務内容について教えてください。

先輩弁護士の法律相談に同席し、先輩弁護士が受任担当となって受任した案件の処理(リサーチ、交渉、起案、出廷等)をしています。徐々に、自らがメインで法律相談に入ることが増えています。案件の処理をするにあたっては、事前に、自らの意見や対応策を編み出した上で、受任担当の先輩弁護士とよく相談することが必要となってきます。

今後の成長とキャリアビジョンを教えてください。

弁護士として家事事件の処理能力を身に付けることは必要不可欠なので、様々な家事事件に取り組み、知識、経験及びスキルを身に付けたいと思います。それと並行して、その他の分野の案件についても取り組む環境があれば、より一層弁護士として大成できると思うので、そういう機会を求めたいと思います。最終的には、ビッグになりたいと思います。

1日のスケジュールを教えてください。

  • 10:00出社
  • 10:00~12:00交渉、法律相談
  • 12:00~12:30昼食
  • 12:30~19:00交渉、法律相談
  • 19:00~起案(終わり次第退社)

最後に弁護士を目指している方や弁護士法人ALG&Associatesに興味がある方へメッセージ

弁護士になる上では、まずは特定の分野の専門的な知識を身に付けることによって「プロフェッショナル」になった上で、「ジェネラリスト」を目指すことが大事だと思います。「プロフェッショナル」になるには良い事務所だと思います。

※2021年4月末日時点でのインタビュー内容です