弁護士採用

東京オフィス 企業法務事業部71期 弁護士岡 佳佑東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 岡 佳佑

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

事業部制度を採用している点から専門性を高められると思ったからです。また、説明会で取扱業務の幅広さを説明していただいて、幅広く経験を積めると思ったことと、パーティションのない開けた職場環境がある点が良いと思ったからです。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

新人弁護士に先輩弁護士が必ずついて指導してくださる点で、新人教育が充実していますし、入所直後から主体的に事案を担当させてもらえます。

事務所の雰囲気はいかがですか?

弁護士間のみならず弁護士事務局間においても全体的に良好な関係性が築けており、非常に過ごしやすいです。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

ルーティンワークとして建物明渡案件(通知書、訴状及び強制執行申立書の作成等)があり、そこでは民事手続に関する法曹業務を全体的に経験できます。また、スポット案件では、事案ごとに様々な種類の法曹業務(訴訟や交渉など)を経験できます。その他、法律相談に対する回答文書を作成することもあり、法的文章能力を養うことができます。なお、どの業務についても、比較的短期の期限が設けられているため、日々スピード感をもって取り組む必要があります。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

今現在は、担当案件を良い形で終了させられた時にやりがいを感じます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

どの先輩弁護士も丁寧に指導してくださり、同時に自分からも意見を出しやすい雰囲気を作って下さるので、連携はとりやすいと感じています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

他の弁護士事務所で勤務した場合に比して短期間で経験豊富な弁護士になれるように思えます。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

午前中は、前日にやり残した業務を中心的に行います。午後は、スポット案件におけるクライアント等への対応(電話及びメール)を先行して行い、その後、建物明渡案件や相談掲示板などの文書作成業務を行います。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です