弁護士採用

東京オフィス 企業法務事業部71期 弁護士繁田 達成東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 繁田 達成

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

・企業法務を扱っている事務所のうち、所属弁護士数がある程度多い事務所を探していた。

・元来検察官志望であったものの司法研修所の教官からの推薦が得られないこととなり失意の中にあったところ、面接において企業法務の魅力について熱心に語って下さった。

・2次面接の連絡等について、対応が早いことも好印象だった。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

・自分の興味ある業務分野をお伝えすると、その分野の仕事をやらせて頂けること。

・先輩の先生方にしても同期の先生方にしても、人柄が良いと感じることが多い。

・所属弁護士数が少なくない関係で、色んな先生と仕事をすることができ、多くの着眼点を学べる。

事務所の雰囲気はいかがですか?

・各々が自分の興味ある分野の仕事や自分に合っている分野の仕事に取り組むことができている。

・業務内容についても人間関係についても、何かと縛りが少ないという印象。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

・最初に先輩の先生と方向性を話し合った上で、自分で案件を処理していき、その後、検討結果を先輩の先生に報告し、先輩の先生からのフィードバックを受けて修正を加えるというサイクルを繰り返すことで案件を処理していく。

・どの先生の下に就くかは固定されていないので、事案毎に異なる先生と組んで案件を進める。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

・いままで接点のなかった分野に沢山触れることができる。

・自分の経験でいうと例えば太陽光発電に関する法的なリサーチや契約書のレビューであり、自分がいままで知らなかった世界のことを知っていくのは本当に面白いと思う。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

・事業部長の先生が極めて親切で、仕事がやりやすい。

・同期の先生には、悩むことがあれば何でも気軽に相談できて助かる。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

・企業法務事業部においては、企業とやりとりする上で「スピード感」が一つの重要な要素と考えられていて、「スピード感」を意識する癖が身に付くと思う。

・沢山の分野、業界と接するので視野が広くなると思う。

・自分の興味のある分野の仕事を振っていただけるので、得意分野のある弁護士になれると思うし、そういう弁護士になることが事務所内で推奨されている。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 10:00出社 スケジュールとメールの確認等
  • 11:00法律相談掲示板のキックオフミーティング・回答作成のためのリサーチ
  • 13:00昼食
  • 14:00来所相談に同席
  • 15:30法律相談掲示板 回答作成
  • 19:00事業部ミーティング
  • 20:00退社

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です