弁護士採用

東京オフィス 交通事故事業部71期 弁護士安田 耕平東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 安田 耕平

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

事業部制を採用しており、自分に合った業務を把握したうえで、選択できるという制度に魅力を感じたため。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

私は交通事故事業部への配属となりましたが、わからないところもたくさんありますが、入所して3か月程度である程度クライアントや保険会社等との対応ができるようになったことは、ALGの専門性ゆえのことだと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

とてもいいと思います。普段接点があるのは、交通事故事業部と、医療事業部の先生方ですが、仕事の質問がしやすい関係であることはもちろん、ちょっとした合間の時間で先輩の弁護士の先生方が様々なお話をしてくださるので、とても居心地よく業務を行うことができます。

交通事故事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

交通事故事業部の業務内容の特徴は、早期の交渉段階から案件にかかわることができる点にあると思います。

案件処理は、はじめは先輩弁護士について法律相談を聞きたい事件について、共同して事件処理を進めるところからはじめます。もちろん、わからない点についてはどんどん質問できますが、相手方保険会社や相手方代理人との交渉は早い段階から自分でやっていくことになるので、他の事業部に比べて、とにかく交渉の力が身につきます。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事のやりがいとしては、交渉が多いこともあり、場合によっては交渉で裁判をした場合よりも多くの成果を上げられる場合があることが一つ挙げられると思います。

私はもともと、文章でのやり取りよりもまず話してみたいと考えてしまうこともあり、電話等でどんどん交渉を進めていくことができる交通事故事業部は、自分の性格にもあっていると思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

まだ入所3か月程度ということもあり、すべての事件を先輩弁護士と一緒に進めています。難しい問題や、進展があった場合の報告等では、こまめに先輩弁護士と話しながら案件を進めていきますが、主体的に自分で事件処理をすることも任せてもらえているので、一つ一つの案件にやりがいを感じられています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

事業部制を採用していることもあり、高い専門性を持った弁護士になれると思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

朝10時前に出所し、午前中はクライアントや保険会社の担当者と電話やメールでやり取りをすることが多いです。また、法律相談の際には、事案を検討したうえで、補助で入っていただいている先輩弁護士と方針を話したうえで、相談に臨みます。相談後は、先輩弁護士から相談内容の回答や、話し方の点も含めてこうすればもっとよくなるというフィードバックを受けます。

それ以外の時間では、電話対応がある午後6時30分までは合間の時間で起案をし、それ以降の時間で残りの起案を仕上げることが多いです。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です