弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

東京本部 企業法務事業部 67期 弁護士 榎本 啓祐

東京本部 企業法務事業部 67期 弁護士榎本 啓祐東京弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

私は、企業法務を扱う弁護士になりたいという希望があったのですが、弁護士法人ALGには企業法務を専門的に扱っている事業部があり、専門性を突きつめられると思ったため、入所先として弁護士法人ALGを選びました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

弁護士人数が多く、先輩先生方が沢山いるため、それぞれの先生の良いところを学べるところです。

また、早い段階から主体的に案件に関わらせてもらえる一方で、先輩先生方がしっかりとサポートして下さるので、新人弁護士が仕事を覚える環境としては理想的だと思います。

あと事務所の窓からの景色が素晴らしいです。

事務所の雰囲気はいかがですか?

東京本部は人数が多いので、一般的な法律事務所というよりは、会社のオフィスのような雰囲気です。それぞれの弁護士に個別の部屋が設けられているわけではなく、仕切りのない同じフロアで仕事をしているので、連携が取りやすく、相談もしやすいです。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

弁護士法人ALGは顧問企業が多く、様々な種類の会社があるため、案件の種類も非常に多いです。知らない法律に接することも日常茶飯事ですので、日々勉強し、わからないことは先輩弁護士に相談しながら案件を進めています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容は、交渉、訴訟、調停、契約書レビュー、相談回答、本の執筆など、本当に様々です。

どの案件でも、クライアントからの信頼を得て、頼りにされていると感じることができれば、それが一番のやりがいです。

一つの案件をこなしてクライアントから信頼を得ることにより、また別の案件をご依頼いただけたときは、自分の頑張りが次の仕事につながったのだと、うれしい気持ちになります。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

先輩弁護士はもちろん、パートナーの先生方も、とても気さくな先生方ですので、困ったときは相談させていただいています。業務中は、たまに雑談などもしながら、時に楽しく、時に真面目に仕事を進めています。東京本部は同期の人数も多いので、同期で飲みに行くことも多いです。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

案件の数は同期の他の弁護士よりも多いと思いますし、各専門事業部に分かれていますので、早く成長でき、かつ、深い知識を身に着けることができると思います。

また、企業法務事業部では、経営者がどのような感覚で仕事をし、何を求めているかという視点を持って仕事をする事が求められ、先輩からもそのように指導されるため、ビジネス感覚をもった弁護士になれると思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

基本的には事務所のデスクで、書面作成をしたり、クライアントや相手方と電話で連絡、交渉等をしたりしています。もちろん、出廷や法律相談の予定が入ることも多いです。地方出廷のときは、その地元のおいしいものを食べるのが楽しみの一つです。