弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
名古屋支部 69期 弁護士 川口 岳宏

名古屋支部 69期 弁護士川口 岳宏愛知県弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

まず、法律の各分野において分業制を採用しており、いわゆる町弁的な弁護士の在り方とは一線を画した事務所の制度理念に共感できました。そして、名古屋支部においては、名古屋支部に所属している弁護士と面接時にその弁護士の考え方や価値観についても共感できる部分が多かったため、この事務所に入所したら人間関係も含めて仕事を円滑に行えると思ったところが、弁護士法人ALGを選んだ理由となります。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

法律相談について、事務局を通して事前にある程度事実関係のヒアリングをしており単なる「法律相談」のみで終わらないことが多いこと及び、詳細な情報が把握できるため法律相談開始時点で依頼者に相談時点における最善策を提案できる合理的な制度があること。

次に、所属弁護士が全国に数多くいるため、事案で悩んだりわからなかった場合に他の弁護士にすぐ相談できるため、数多くの経験や知識を共有できるため円滑に事件を処理することができること。

事務所の雰囲気はいかがですか?

パーテーション等もなくお互いの顔が見えるようになっており風通しがよいため、事案で悩んだりわからなかった場合に直ぐに相談などの会話ができるため悩まずに済む。

弁護士と事務員ともコミュニケーションがしっかりとれているため、事務所全体として雰囲気は良いと思います。

名古屋支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

名古屋支部では家事事件と交通事故案件が多く、定期的に不動産関係の事件があることが特徴となります。そして、事件処理の進め方としては、一つの事件につき担当弁護士と補助弁護士制度を設けて、相互に事案を検討し共同して事件を進めていく進め方となっています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

訴訟でも調停でも純粋な交渉事件でも、相手方との交渉をすることが常に存在します。事件が解決して依頼者に感謝されたときにはやりがいを感じることがあります。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

(期が上の)弁護士が主導的立場にあるため、その弁護士に指示と報告をして事件を進めていく。また、自分が担当している事件以外でも不測の事態には代打で事件を担当できるため、他の弁護士とは円滑な関係を築けています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

訴訟でも調停でも純粋な交渉事件でも相手方との交渉をすることが多くなります。そのため、交渉の経験が多く積めるため交渉上手な弁護士になれると思います。

また、多くの事件を扱えるため他の事務所で働くよりも同じ時間で多くの経験を積めるため、早く弁護士として成長することができます。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

午前10時前に事務所に来て、たまに昼食を挟んで午後10時過ぎに帰るような流れで仕事をしています。