東京本部 民事・刑事事業部 68期 近藤 俊輔 弁護士|支部長・アソシエイトインタビュー|弁護士採用求人サイト | 弁護士法人ALG&Associates

サイト

弁護士法人ALG

東京本部 民事・刑事事業部 68期 近藤 俊輔 弁護士

Shunsuke

Kondo

「こんな弁護士になりたい」
という目標に近づいていくことができると思います。

associate

東京本部 民事・刑事事業部 68期 近藤 俊輔 弁護士(東京弁護士会)

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

少し斜に構えた理由になりますが、弁護士法人ALGのような全国展開を行っている法律事務所を内側から見てみたいという理由です。このページをご覧の方々もご存知の通り、法曹人口の増加に伴い弁護士業界は大きく揺れ動いている状態です。そんな中で、全国展開を行い広く集客を行う法律事務所の隆盛は、その大きな動きの一つと言えるでしょう。そこで、そういった法律事務所を外側からではなく、内側から見てみたいと考えました。


他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

東京本部 民事・刑事事業部 68期 近藤 俊輔 弁護士

やはり、事務所全体で取り扱っている案件の多さと多様性です。弁護士としての成長という意味では、多くの事件に携われることは大きなメリットです。また、事務所全体で多様な事件を取り扱っており、自身の案件について似たような案件を経験した先輩弁護士にアドバイスを求めることや、専門的な知識がかかわってくる事件で専門の事業部に相談を求めることができることもいいところです。


事務所の雰囲気はいかがですか?

間仕切りのないフロアのため、意見交換をしやすい環境になっています。そのため、事務所全体も自由で闊達な雰囲気になっています。


民事・刑事事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

民事・刑事事業部で、一番多い案件は離婚を中心とした家事事件です。また、取り扱う事業部が決まっていない案件は基本的に民事・刑事事業部が取り扱うことになっています。そのため、珍しい事案を扱うこともあります。

また、案件の処理については決まった流れというものはなく、案件ごとに交渉・裁判手続き・裁判外手続など手続きを選択していくことになります。


仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

東京本部 民事・刑事事業部 68期 近藤 俊輔 弁護士

仕事内容については、依頼人との打ち合わせ、電話や面談での交渉、手続きのための書面作成など、特別に変わったことをするわけではありません。

また、目の前の依頼人のために、自身の力をフル回転させ、悩み工夫していくことがこの仕事の面白さだと思っています。


他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

先輩弁護士の方々はみな優しく、質問等にすぐに対応いただけるので、新人弁護士としては非常に心強い存在です。また、いろいろな先輩弁護士と連携して仕事をするため、先輩弁護士それぞれの処理の仕方を見ることができるため、非常に参考になります。


弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

これについては、本人の意欲の問題が大きいとは思います。

ただ、本人の意欲次第とはいっても、本人がやる気を出したときに成長しやすい環境か否かという点はあります。

そういった意味で、弁護士法人ALGは先輩弁護士のノウハウを学ぶ機会も多く、他の事業部などから専門的な知識を得る機会もありますので、意欲を持てば自らを高める機会は多い環境だと言えます。

また、自らが意欲を持って積極的に動くことを、上から抑えられるということもありません。

そういった意味で、意欲を持てばそれだけ上を目指せる事務所であり、「こんな弁護士になりたい」という目標に近づいていくことができると思います。


最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

弁護士の勤務時間のコアタイムは、朝10時から夜7時となっています。そしてその間に、昼休憩1時間をある程度自由に取れます。

1日の勤務は、出廷、法律相談や電話での交渉などによって変則的になることが多く、その間を縫って起案をするというのが1日の流れになります。

インタビュー一覧へ戻る