弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

埼玉支部 69期 弁護士 村上 充洋

埼玉支部 69期 弁護士村上 充洋埼玉県弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

まずは、依頼者本位の仕事をすることを第一に掲げているところです。当たり前のことですが、弁護士として、依頼者のためになる仕事をして、それに見合うだけの報酬を貰うという仕事が弁護士法人ALGならばできると考えました。他には、弁護士法人ALGは弁護士数が多く、一定の規模があるので、僕がサラリーマンであった頃に学んだ組織内での生き方のようなものが生かせるのではと思いました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

とにかく事件がたくさんあることです。いくら司法試験に合格し、司法修習を終えたとしても、実務に出て覚えなければならないことは山ほどあります。それをどうやって覚えるかと言えば、やはり、実際の事件に当たってみるのが一番です。弁護士法人ALGならば、次から次へと様々な案件を担当しますので、どんどん新たな経験が積めます。忙しくてちょっと大変だと思うこともありますが、新人の間にした苦労は、後々必ず役に立つと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

弁護士同士、互いによく連携がとれていると思います。事件処理について悩むところがあれば、いつも互いに意見を交わし、活発な議論が行われています。僕が事件処理の相談をする場合も、先輩弁護士の先生は、大変にお忙しいにもかかわらず、快く話を聞いてくださり、的確なアドバイスをくださいます。

事務局のみなさんとの関係も、事件処理を共に行うパートナーとして、互いに敬意を持って接する関係ができています。

総じて、非常に良好な雰囲気で仕事ができていると思います。サラリーマン時代には考えられなかったことです。

埼玉支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

各案件につき、入所前に思っていたよりもずっと丁寧に対応し、依頼者にも真摯に向き合っていると感じました。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

今はとにかく目の前の仕事をこなすことが精いっぱいですが、日々できることが増えていっていると感じているので、自分の成長が実感できることはやりがいの一つになります。また、やはり、様々な場面で依頼者の方から感謝の言葉を頂いたときには、弁護士になった甲斐があったと感じます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

現在はまだ入所から間がないので、先輩弁護士と共に裁判所の期日に出廷することが多いです。

書面の起案したときも、先輩弁護士に添削していただき、驚くほど赤が入り修正が必要になることもしばしばです。とはいえ、少しずつ仕事を任せてもらえるようにはなっていると思います。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

多くの事件をこなすことになるので、必然的にその分野の専門家になれます(ならざるを得ません)。また、依頼者本位の仕事をする精神を叩き込まれますので、何をすれば依頼者にとって利益になるのかをしっかり判断できる、質の高い弁護士になれるでしょう。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

朝の期日の無い日は、早めに事務所に出て、メールチェック等をして、その日に処理すべき仕事を確認します。各案件の優先度に従い、一応のスケジュールを頭の中でたてます。あとは、頭のCPU使用率を100%にして業務を開始します。日中は、今の所必ず何か頭を悩ます問題が発生するのでその対処をしているだけであっという間に夜になります。