弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
名古屋支部 69期 弁護士 村松 周平

キャリアアップ

名古屋支部 69期 弁護士村松 周平愛知県弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

私は医療事件を扱える弁護士になりたくて,弊所に来所させていただきました。
そして面接の際に、名古屋支部の支部長から弊所の方針や考え方をご教示いただき、大変共感致しました。また、各弁護士が自由に活発的に働く環境や案件を丁寧に処理するところを見て、自分の目指す弁護士像に近づけると思い、弊所を選びました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

ひとつの案件について、複数の弁護士と事件処理をするため、活発な議論ができること、事件の方針で相談しやすい環境が整っております。

また、自分が取り扱いたい分野があれば、積極的に意見を出せば、当該分野を取り扱うことができます。

更に、私は通勤の関係で夜遅くまで事務所に残ることができないため、相談をし、早朝からの勤務となっています。このように、勤務時間についても、ライフワークバランスを踏まえて、配慮していただいております。

事務所の雰囲気はいかがですか?

非常に明るいと思います。弁護士間の距離がとても近く、事件のことについて相談したり、判例や学説を検討したり、準備書面について検討したりします。また、作成した書面について、他の弁護士と2・3時間程度打合せをすることもあります。前記のとおり、事件処理について、上下関係を意識することなく活発に議論・積極的な意見交換ができるのが名古屋支部の雰囲気です。

また、事務員さん達ともよく会話をしています。事務員さん達は、各弁護士の特徴をつかんでおり、各弁護士にあった対応をして下さるため、非常に働きやすい環境となっております。

名古屋支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

名古屋支部の特徴は、交通事故、家事事件が多いです。もっとも、一般民事事件も行いますし、企業法務の分野も増えております。特に、企業法務の分野の業務が増加しており、就業規則の作成業務やリーガルチェック、顧問先からのご質問に対する対応等の業務も増加しています。

更に、私は医療事件を取り扱っており、大阪支部の先生と協力して事件を進めています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

自分のやりたい分野の仕事を積極的に行えております。私は医療事件を扱う弁護士になりたい旨を伝えたところ、事件の配転について配慮していただき、医療事件を扱うことができております。

仕事のやりがいについては、事件が終了した際に依頼者の方々から感謝のお言葉を頂戴したときだと思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

前述のとおり、名古屋支部内では、活発な議論を日常的に行っております。案件の進め方のみならず、書面の言い回しや記述の仕方等でも意見交換を頻繁に行っております。

また、私は医療事件の関係で、大阪支部の先生や事務員さんによく連絡をさせていただいております。また、交通事故の関係では、専門部の先生方に相談したりしています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

自分の目指す弁護士像に近づける。この一言に尽きると思います。
自分が取り扱いたい分野があれば、積極的に活動し開拓することもできますし、他の弁護士が扱っている事件で興味があれば、他の弁護士と一緒に事件処理に携わることもできます。

1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 7:30出勤、当日の業務の確認
  • 8:00~12:00起案・期日がある場合には出廷
  • 12:00~13:00お昼休憩
  • 13:00~17:00起案・期日がある場合には出廷
  • 17:00~20:00起案・相談・打合せ
  • 20:00~21:00翌日の予定の確認、退勤

今、移籍を考えている弁護士の方へメッセージをお願いします。

移籍考える理由は、各先生方様々だと思います。自分のキャリアアップを図りたい。得意分野を確立したい。自分のライフワークバランスを改善したい。取扱分野の事件を広げたい等々。

個人的な意見ですが、最終的には、自分が目指す弁護士像に近づけるという点が一番ではないでしょうか。

先生方が追及する弁護士像に近づくために、先生方が弁護士事務所に求めるものが、きっと弊所にはあるものと思います。
百聞は一見に如かずです。ぜひ、一度、弊所にご来所下さい。

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です