弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

東京本部 企業法務事業部 69期 弁護士 永野 慶子

東京本部 企業法務事業部 69期 弁護士永野 慶子東京弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

扱う事件の範囲が広く、様々な経験を積むことができること、また、採用面接の際のパートナー弁護士の人柄から働きやすそうな事務所であると感じたことから選びました。

女性が働く環境として、いかがですか?

企業法務事業部には他に女性の弁護士はいませんが、東京本部の他の事業部や支部には女性の先生もいらっしゃいますので、女性ならではの悩みも相談しやすい環境にはあると思います。また、事務員さんの多くは女性なので、企業法務部で女性1人であるということを意識することも余りありません。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

扱う事件の範囲が広く、また、新人でも多くの事件を担当することができ、早くから様々な経験を積むことができる点が良い点だと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

東京本部は法律事務所というよりも、オフィスに近いです。広いフロアに仕切りを作ることなく、机を並べており、他の弁護士の仕事の様子も見え、他の弁護士の仕事の処理の仕方から日々多くの事を学んでいます。また、物理的に距離が近いだけでなく、弁護士同士の仲もよいため相談しやすい環境です。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

企業法務事業部で扱う案件は、企業のお客様に関連する法律問題全てになります。したがって、一般的な企業法務よりも案件の幅は広く、ときおり相続案件や個人の破産等も扱っています。案件処理も事案に応じて異なりますが、先輩弁護士と相談をしながら進めています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

新人のうちから様々な案件を任されるため、責任も重いですが、パートナー弁護士等の指導の下、自分で案件を進めているという実感がもてます。また、扱う案件の幅も広いため、調べることも多いですが、日々自身の知識が広がっていくのを実感できます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

弁護士同士は机を並べて作業をしているため、起案や法律相談の回答や事件の進め方等について悩んだ際に、他の弁護士に相談しやすい環境にあります。また、定期的にミーティングを行い、他の弁護士が扱っている事件を事業部に所属する弁護士全員で把握しており、特定の法律分野について悩みが生じた際には関連する事件を扱った経験のある弁護士に相談することもできます。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

新人のうちから多くの案件を担当するため、早くから経験を積むことができます。また、案件の幅も広い一方で、事業部制をとっていることから、様々な案件に対応できると共に、専門性をもった弁護士になれると思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

午前10時頃に出勤し、前日の夜に起案した書面を事務員さんに渡して、手続を進めてもらいます。その後、事務所にて起案や法律相談、電話対応等をしています。日によっては出廷のために外出をすることもあります。

退勤時刻は、手持ちの案件の数や進捗状況に応じて様々です。