弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

千葉支部 69期 弁護士 大西 晶

千葉支部 69期 弁護士大西 晶千葉県弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

弊所は、東京本部では事業部制を採用していますが、支部では専門分野を限定しておらず、あらゆる分野の事件について経験することができます。私は、弁護士となったからには、まずはあらゆる分野の事件を経験したいと思い、弊所の千葉支部を選びました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

弁護士法人としての規模の大きさが挙げられます。弊所は、関東地区と名古屋、大阪、姫路、福岡に事務所を配置し、多数の弁護士が所属しています。法律相談や事件処理に迷ったときに方針を相談できる弁護士が事務所内に多数在籍しているということは、弊所の大きなメリットだと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

千葉支部は、東京本部や大阪支部に比べると少人数の弁護士、事務員によって構成されており、事件処理にあたっては全ての弁護士や事務員と密に接することが多いので、入所してまもなく事務所の雰囲気に慣れることができました。事件処理は真摯に、普段は明るく、楽しく過ごしています。

千葉支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

千葉支部での現在の受任事件の種類としては、離婚事件、交通事故事件が多いですが、その他にも不貞慰謝料請求事件、子の引渡し請求事件など様々な種類の事件を扱っています。基本的な案件処理の進め方は、法律相談を受け、弊所にご依頼頂いた場合には、依頼者と密に連絡を取り、相手方と交渉する、あるいは裁判手続に向けて書面や証拠を準備し、期日に臨む、という流れになります。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

基本的な仕事内容は、事務所での法律相談、依頼者や相手方等との電話対応、起案、裁判期日への出頭等です。「弁護士の大西です。」と名乗るときや弁護士バッジをつけて裁判所の期日に出頭するとき、書面を起案する際に自分の名前の右横に職印が押されるとき等に、弁護士としての自覚と責任を再認識します。大変な仕事も多いですが、そういった弁護士としての責任感を認識したときにこの仕事のやりがいを感じます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

法律相談の相談シートを検討したり受任事件を進めたりしていく上で不明な点が出てくると、まずは六法や専門書、裁判例等にあたってみるのが第一ですが、これに加えて、同じ支部内の弁護士だけでなく、東京本部や他の支部の弁護士に電話をしてすぐにアドバイスをもらうことができるということは、弊所の強みだと思います。先輩の弁護士にいきなり電話をすることは緊張しますが、親身になって丁寧に指導してもらっています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

入所して数か月の私ですが、既に数十件の案件を抱えています。1年目の弁護士というと、まずは研修の日々か…と思われるかもしれませんが、私の場合は1日目から交通事故損害賠償事件の賠償案の起案に取り掛かりましたし、2日目には法律相談にも入りました。もちろん弁護士会や事務所内での研修もありますが、実際に生の事件に触れることが何よりも実力や経験につながりやすいです。このように弊所に入所すれば早い段階から「生の現場」で弁護士としての経験を積むことができます。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

出勤して、パソコンを立ち上げて、1日の予定を確認し、メールチェックをします。

電話対応や起案、法律相談をしているとあっという間に午後2時や3時になっていることが多く、遅めの昼休憩を経てからまた電話対応、起案、法律相談という具合です。

急な法律相談が入ればそれだけで2、3時間が過ぎてしまい、遠方まで裁判期日に行くとなると半日がつぶれてしまうこともよくあるので、1、2週間くらいの予定はある程度頭に入れておいてスケジュール管理をするようにしています。弊所は、定時以降も事務所に残る弁護士が多いですが、定時を少し過ぎたくらいの時間帯に退勤することもあり、弊所にはそのことで周りから白い目で見られるような雰囲気はありません。遅いときは日付が変わることもありますが、その点は、個々の弁護士のスケジュール管理次第だと思います。