弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
千葉支部 67期 弁護士 椎名 英之

キャリアアップ

千葉支部 67期 弁護士椎名 英之千葉県弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

これまでに扱ったことのない案件を扱ってみたいと考えていたところ、弁護士法人ALGの千葉支部においては、医療過誤を含む幅広い分野を扱っているということを知り、医療過誤という未知の分野に挑戦したいと考え、弁護士法人ALGの特に千葉支部を希望し、入所しました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

私が以前に所属していた事務所に限らず、大規模事務所の場合、分業制を採っており、案件の一部にしか携わることができない事務所も多いと思います。しかしながら、弁護士法人ALGは、比較的規模の大きな事務所であるとは思いますが、多種多様な案件に最初から最後まで携わることができ、自分自身の成長を図ることができることと、自分を信じて依頼してくださった依頼者の紛争解決に最後まで関わることができる点が良いと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

明るい雰囲気であると思います。

千葉支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

千葉支部においては、交通事故や離婚事件といったいわゆる一般民事の分野だけでなく、医療過誤案件まで取り扱っており、扱う分野がとても幅広いと思います。千葉支部の支部長弁護士が医療過誤に関する専門的知識を有しており、支部長弁護士のもとでアドバイスを受けつつ、医療過誤の案件に携わることができる点が千葉支部の特徴であると思います。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

一般民事、刑事事件、医療過誤等幅広い分野を扱っております。そのため、これまでに扱ったことがない案件にも携わることができ、自分自身の成長も実感できることがやりがいにもなっています。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

何か疑問点等があれば、パートナーであるかアソシエイトであるかという点や、期に関係なく活発に議論が行われており、とても風通しが良いと感じています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

幅広い分野の案件につき、数多くのご依頼があるため、幅広い分野の案件を扱うことができる弁護士になるとともに、高い専門性を持った弁護士になることができると思います。

1日の仕事の流れを教えて下さい。

まず、出勤直後にメールのチェックを行い、受信しているメールに対して順次返信していきます。
メールチェックが終わった後、依頼者様や相手方等に対し電話連絡を行ったり、書面の起案等を行います。交通事故案件が比較的多いと思いますが、保険会社とのやり取りは平日の日中に行う必要があるため、夕方頃までは保険会社とのやり取りを優先的に行います。

夕方以降は保険会社とやり取りができなくなることもあり、起案に集中します。18時30分以降は弁護士のみが事務所に残っていることもあり、弁護士間の議論等も18時30分以降に特に活発になります。
その後、起案等を行い、帰宅時間は日によって異なりますが、概ね21時頃に帰宅しています。

今のところ、休日出勤をする必要性はないため、ワークライフバランスも図りやすいと思います。

今、移籍を考えている弁護士の方へメッセージをお願いします。

弁護士法人ALGは、一般民事事件、刑事事件にとどまらず、医療過誤、企業法務等非常に幅広い分野の案件を多数取り扱っています。東京オフィスは各事業部に分かれているため、東京オフィスであれば特定の案件に特化することにより極めて専門性の高い弁護士になることができると思いますし、まずはゼネラリストになりたいということであれば各支部に行き幅広い分野の案件を扱うこともできるため、移籍を考えている弁護士の方々の幅広いニーズに応えることのできる事務所であると思います。

成長したいという意欲のある弁護士の方にとって、その期待に十二分に応えられる環境が整っている事務所であると思います。

パートナー弁護士からも弁護士が不足しているという話を聞いていますし、もし少しでも興味を持たれた方はぜひ応募していただければと思います。きっと、面接を受け、代表弁護士やパートナー弁護士と対話をすることにより、入所したいというお気持ちを持っていただけるはずです。
皆様のご入所を心よりお待ちしております。

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です