大阪支部 65期 髙橋 旦長 弁護士|支部長・アソシエイトインタビュー|弁護士採用求人サイト | 弁護士法人ALG&Associates

サイト

弁護士法人ALG

大阪支部 65期 髙橋 旦長 弁護士

Akinaga

Takahashi

前向きで積極的な
弁護士になれると思います。

associate

大阪支部 65期 髙橋 旦長 弁護士(大阪弁護士会)

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

家事事件と交通事故というインターネットの時代と相性が良いと考えられる分野において多数の実績があり、自らの能力を磨く場として適切だと考えたからです。さらに、個人的には学生時代から医療事件に興味があったため、医療という極めて専門性の高い分野に携わるチャンスがあることも魅力的に感じました。

また、何よりも大阪支部の雰囲気が極めて良好であることが決め手となりました。私は入所前に大阪支部の先生方とお会いさせて頂きましたが、尋問の内容の当否や事件処理の方針について極めて活発に議論がなされており、その雰囲気が極めて明るいものであったことから、風通しの良い働きやすい組織であることを確信するに至りました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

大阪支部 65期 髙橋 旦長

事務所内の制度が極めて合理的であることです。例えば、クライアントの相談に臨む際にも、事務局が事前に概要を適切に伝えてくれるため、弁護士は判例調査や事件処理の方針の検討に集中することができます。また、個々の進捗管理についても、所内システムにより進行状況の見える化と一元管理化が図られており、個々の弁護士が手帳で管理するより遥かに効率的に進捗管理が行われております。

また、事務局の方々には、通常業務に加えてスケジュール管理や書類の編綴等に至るまで極めて丁寧にサポートして頂いており、弁護士が固有の業務に集中できる環境が整っております。

事務所の雰囲気はいかがですか?

極めて良好です。仕事をしていて楽しいですし、雰囲気が良いことにより業務の能率も上がると思います。これは実際に会って頂ければ分かることなので、是非気軽に御来所頂ければと思います。


大阪支部所属と伺いました。支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

大阪支部の特徴は、弁護士同士の距離が近く、通常よりも緊密に協力し合っていることです。

大阪支部では弁護士同士が頻繁に相談し合いながら処理を行っています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

大阪支部 65期 髙橋 旦長

交通事故、家事事件、医療事件を中心としつつも多様な事件を扱っております。周りの先生方が医学等に関する専門的な知識を持っておられるので、一緒に仕事をさせて頂き、自らの見識を深めることが出来ます。また、月並みですがクライアントの悩みを解決することができると仕事のやりがいを感じます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

大阪支部の弁護士間には完全な協力体制が出来上がっています。例えば、誰かが家族の都合等で休まざるを得ない場合には皆率先してスケジュールを調整しますし、悩ましい処理についても複数人で議論を行うことでより良い解決方法を導き出しております。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

前向きで積極的な弁護士になれると思います。また、弁護士が固有の業務に集中できる環境が整っているため、自分の専門的知識を効率的に高めることが出来ると思います。

1日の仕事の流れを教えて下さい。

9時30分
出勤
10時30分
法律相談
13時30分
昼食
15時00分
法律相談
17時00分
起案
20時30分
帰宅

今、移籍を考えている弁護士の方へメッセージをお願いします。

大阪支部 65期 髙橋 旦長

移籍を考える理由は色々あると思いますが、弁護士法人ALGには貴殿の求めるものがあると思います。百聞は一見に如かず。御来所頂いて自分の目で確かめて下さい。

インタビュー一覧へ戻る