弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

東京本部 企業法務事業部 69期 弁護士 竹中 朗

東京本部 企業法務事業部 69期 弁護士竹中 朗東京弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

弁護士業界の不況が叫ばれる中、経営方針を明確化し、組織として今後も拡大していくと感じたからです。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

事件数が多く、若手であっても色々なことにチャレンジできる点は、成長したい、色々な経験を積みたいと考える若手弁護士にとっては最適な事務所だと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

若い弁護士が多く、事務員の人数も多いため、営業時間中は非常に活気に溢れていると思います。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

企業法務事業部ですが、契約書のレビュー等典型的な企業法務案件だけでなく、企業の顧客からの依頼も受任することがあるため、幅広い分野の案件を担当することができます。つい最近は相続関連の事件を担当しました。

まだ入所して3か月程度ですが、契約書レビューや利用規約作成だけでなく、強制執行申立て、発信者情報開示請求、損害賠償請求訴訟の提起等いろいろな案件を担当しました。最近では記者会見を開催しました。まさか入所1年目であのような機会があるとは思いませんでした。

案件処理は、基本的に先輩のアソシエイトとコンビを組んで進めていくことになります。期の若い先輩が多いですが、数年間で濃い経験を積まれているので、的確なアドバイスをしてくれます。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

まだまだ新米ですが、利用規約を作成した企業のクライアントから、我々のビジネスを理解した上で作成してくれて感動しました、と言われた時はうれしかったです(社交辞令かとは思いますが…)

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

前述した通り、1年目は先輩とコンビを組んで案件処理にあたります。わからないことがあった場合には、気軽に聞くことができますし、処理方針について真剣に議論することもあります。とても仕事をしやすい雰囲気だと思います。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

企業法務といっても扱う案件は幅広いので、様々な経験を積むことが出来ると思います。私はまだ入所して日が浅いので、まだ自分の得意分野・専門分野といったものが確立しているわけではありませんが、様々な案件を扱う中で徐々に絞られてくると感じています。実際に、先輩方はそれぞれ専門的な分野をもっています。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

業務時間中は顧客対応や急な相談の回答作成等を行うことが中心です。営業終了後は裁判所に提出する書面だったり、契約書レビュー等に集中します(毎日終電まで仕事というわけではないです。)。

また、出廷や、交渉相手との面談など事務所を空けている時間も多いです。