弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
東京オフィス 70期 弁護士 飛田 貴弘

東京オフィス 70期 弁護士飛田 貴弘東京弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

私は、みんなが働きやすい労働環境をつくりたい、そのためには使用者側の弁護士として、就業規則やコンプライアンスなどの労働環境の法的な整備に携わりたいと考えていました。しかし、労働問題を扱っている弁護士事務所は多いものの、使用者側と労働者側の案件を分けて扱う弁護士事務所は他に見つけられませんでした。

当法人では、労働問題のうち、使用者側の案件は企業法務事業部が、労働者側の案件は民事刑事事業部が主に扱うことになっております。このような取り組みは、自分のやりたいことに合っていると考え、入所しました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

事業部制を採用しているため専門的な分野に取り組めるものの、取り扱える分野は狭く、あまり多くの分野に携わることができないのではないかと考えていました。

しかし、実際には幅広い分野の業務がありますし、自分がやりたい分野を伝えればそれに携わることができます。このように、事業部制の採用によって専門性を高められる一方で、自分の興味のあることに携われる自由な環境があるので、入所して良かったと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

弁護士も事務員も多く、とても活気があります。また、事務所自体は比較的「若い事務所」ですので、「より大きく成長しよう」という強い想いが伝わってきます。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

企業法務では、顧問企業から電話やメールでの相談に対して、早急の回答を求められることが多いです。短い時間の中でも、納得していただける回答ができるよう、迅速に調査をしなければなりません。

また、相談者が企業の法務部の社員である場合など、相談内容について一定の知識と経験を持っていることが多いです。そういった方に納得してもらうためには、より正確な知識が必要となります。

このように、「スピードと正確さ」が企業法務では最も重視されます。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

弁護士業務のおもしろさのひとつは、「知的好奇心が刺激されること」だと思います。「企業法務」と聞くと、M&Aやガバナンスのイメージが先行しますが、実際に扱う業務は、とても広いです。

今までに触れたことのない法律問題に触れることができるため、常に知的好奇心が刺激されます。

次に、私は人と話すのが好きなので、メールでの質問であっても、電話で事実関係を聞くなどして、なるべく依頼者と直接話すようにしています。そうすると、メールには書かれていなかった事実や悩みなどを聞けますし、それを踏まえて解決策を示すと納得していただけることも多く、とても嬉しくなります。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

わからないことや相談したいことは、先輩弁護士に気軽に聞けますし、また、新人もベテランも互いに一人の弁護士として尊重し合っているという雰囲気があります。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

業務量がとても多いので、事務処理能力や決断力が大きく上昇すると思います。また、先輩と担当する案件も新人弁護士が窓口となり、主体的に取り組まなければならないので、一人の弁護士として早く成長できます。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 午前10時出勤後にメールや予定等を確認
  • 午前11時起案
  • 午後1時食事
  • 午後2時顧問先からの急な電話相談。相談内容を聞き、必要な調査をし、なるべく当日中に回答
  • 午後5時事務員と担当案件について打ち合わせをし、情報共有や必要な指示をする
  • 午後7時食事
  • 午後8時起案
  • 午後10時-11時終わり次第帰宅

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です