弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

東京本部 企業法務事業部 67期 弁護士 山室 裕幸

キャリアアップ

東京本部 企業法務事業部 67期 弁護士山室 裕幸東京弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

まず、多くの弁護士のいる環境で働くことが弁護士として成長するためには重要だと考えていたため、弁護士法人ALGが大規模事務所であったことが理由の一つです。

ただ、最終的に弁護士法人ALGを選んだ理由は、採用面接で代表をはじめとするパートナーの弁護士の方々と話をさせていただいた際に、弁護士法人ALGの空気感が自分にマッチしていると強く感じたことなので、理屈というよりも直感的なものが強かったように思います。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

他の弁護士やスタッフが優秀で、かつ、人間としても尊敬できる人達ばかりだという点です。

また、弁護士もスタッフも、組織としての発展を真剣に考えている方が多いため、将来的には事務所の経営についても学びたいと考えている私にとっては、事件処理のこと以外にも吸収できることがたくさんある事務所だと感じています。

あとは、移籍前の事務所よりも出勤時間が1時間遅くなったことも、朝に弱い私にとっては良かった点ですね(笑)。

事務所の雰囲気はいかがですか?

広いスペースで多くの弁護士とスタッフが目まぐるしく働いておりますので、かなりエネルギッシュな雰囲気だと思います。

時々、雑談も交えながら、明るく楽しく真剣に皆が働いています。

また、弁護士はスタッフを必要としており、スタッフも弁護士を必要としてくれていますので、弁護士とスタッフの関係は極めて良好です。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

企業法務というと契約書の作成やレビュー、新規事業の立ち上げに関する法律相談、株主総会運営など、一般的には予防法務が中心であると感じる方が多いと思います。この点、弁護士法人ALGでも多くの予防法務を扱っておりますが、他の企業法務系の事務所よりも訴訟などの紛争案件を多く扱っているのが特徴の一つだと思います。

また、弁護士法人ALGは、様々な業種の企業をクライアントとしておりますので、案件の幅がかなり広く、幅広い知識と経験を身に付けられていると実感しています。

案件処理の進め方については個々の案件によって様々ですので画一的に説明することは困難ですが、パートナー弁護士の指導を受けながら、パートナー弁護士とアソシエイト弁護士とスタッフが協力し合って案件処理を進めています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容としては、法律相談、訴訟、調停、契約書の作成やレビューなどの基本的な業務のほか、クライアントの企業に伺うことや、業界紙やニュースサイトに執筆することも頻繁にあります。その他にも、他の法律事務所では経験できないような業務も数多くありますので、興味深い経験がたくさんできると思います。

仕事のやりがいという点では、クライアントの利益を実現できた際にやりがいを感じることは当然ですが、レベルの高い仲間と一緒に仕事をすることによって自分自身が弁護士として日々成長できていると実感できることにもやりがいや充実感があります。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

アソシエイト弁護士もパートナー弁護士も気さくで偉ぶらない方々ばかりのため、距離感が近く極めて良好な関係だと思います。

また、私は他の事務所からの移籍組なのですが、入所初日に修習同期の弁護士から食事に誘っていただいたり、その後も先輩弁護士がランチを御馳走してくれたりと、とても暖かく迎え入れていただきました。

また、他の弁護士とは、仕事の話もたくさんしますが、プライベートな話もしますし、ここでは書けないような話もします(笑)。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

弁護士法人ALGには多くの弁護士が所属しており、また、様々な業種のクライアントがおります。そのため、個性的で優秀な多くの弁護士と接する機会や、知らない世界に触れる機会が多くありますので、広い視野をもった弁護士になれると思います。

1日の仕事の流れを教えて下さい。

この質問が一番難しいかもしれません。 裁判期日が何件も入っている日、地方に出張する日、クライアントと打合せをする日、クライアントである企業に伺う日など、日々の仕事に決まった流れがないからです。

ただ、あえていうのであれば、日中は外出や打合せをしている時間が多く、18時過ぎくらいからは起案に集中することが多いです。

今、移籍を考えている弁護士の方へメッセージをお願いします。

弁護士としての夢や理想、あるいは野心や功名心など、移籍を考える原動力は人それぞれですが、今の事務所ではなりたい弁護士になれないと考えるのであれば、すぐに移籍をするべきです。

そして、ここを見ているということは弁護士法人ALGに少なからず興味を持って下さったからだと思います。

そうであれば、一度、弁護士法人ALGに来所してみてはいかがでしょうか。我々にとっても貴方にとっても、最高の出会いになるかもしれません。