弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
大阪支部長 弁護士 長田 弘樹

大阪支部長 弁護士長田 弘樹大阪弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

前職は、徳島の法律事務所で勤務しており、地元である大阪に戻りたいという希望があったため、エージェントを介して弁護士法人ALGの面接を申し込みました。

正直なところ、面接のときまではどのような事務所かよく知らなかったのですが、面接のときに金﨑代表と片山代表と話したときに、直感的にこの事務所は先進的で展望が明るいと思い、入所を希望しました。入所して約5年半になりますが、その時の直感は、間違っていませんでした。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

自由で明るい雰囲気があり、非常に仕事がしやすい環境です。また、改善の余地はもちろんありますが、一般的な事務所よりも効率化が図られており、知識や経験の共有がなされています。当事務所は、この働きやすさと規律の正しさのバランスがよいと思います。

事務所の雰囲気はいかがですか?

前の質問の回答にも書きましたが、自由な雰囲気で働きやすい環境だと思います。期の上下関係なく、活発に意見交換がなされ、よい意見についてはすぐに採用される柔軟さがあります。

他方で、自由すぎることでだれてしまうということはなく、規律正しさも保たれていると思います。

大阪支部の支部長と伺いましたが、いかがですか?

私は、大阪支部の最初のメンバーだったということもあり、大阪支部長の立場となりましたが、当初は弁護士2名、事務員2名から始まった大阪支部も、今では弁護士12名、事務員15名の大きさになりました。

メンバーは皆非常に優秀ですし、とても頑張ってくれていますので、全幅の信頼を置いています。本当にいいメンバーに恵まれたと常々感じています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

弁護士の仕事は、当事者が困難極まったところを解きほぐすことなので、大変なことが多いですし、悩むこともしばしばです。しかし、ありきたりですがうまく解決できたときの喜びはひとしおです。また、事件を通して学ぶことも多いですので、経験として得られるものは非常に大きいです。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

弁護士間の連携はうまくできていると思います。支部内の複数の弁護士で動くこともありますし、支部を超えて、連絡を取り合いながら事件を進めることもあります。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

当事務所では、早い段階から数多くの事件に携わることができ、同期の弁護士より早く多くの経験を積むことができます。また、上の期の弁護士から多くのアドバイスを受けることもできますし、レビューをしてもらえますので、方向性を大きく間違えるということはありません。

自信を持って弁護士として成長することができることは間違いありません!