弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起

埼玉支部長 弁護士那賀島 八起埼玉弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

旧態依然とした重苦しい弁護士事務所の雰囲気ではなく、若々しさとベンチャースピリットを感じさせる雰囲気が気に入ったからです。顧客感動を実現するために各弁護士が専門分野を磨く、そのために事業部制を採用しているなど、顧客目線で考えた事業構想にも惹かれました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

弁護士法人ALGには多数の弁護士が在籍していますが、お互いに協力し合い、切磋琢磨しています。それぞれの弁護士が様々な経験を有しているので、未知の分野があったとしても、似たような事案を取り扱ったことのある先生に聞くことができます。所内での風通しがよいため、聞かれた側も快く応じてくれます。経験談を教えてもらったり、とっかかりとなる書籍の存在を教えてもらうことにより、事案解決に進むことが多いです。

また、新人に対する面倒見もよいところも特徴です。入所したてのころは右も左もわからない状態ですが、期上の先生が起案等をレビューしてくれ、共同で事件を処理しますので、安心して事案の解決を図ることができます。

事務所の雰囲気はいかがですか?

弁護士同士の仲はとてもよく、事務員も弁護士のサポートを最大限してくれます。仕事の質とスピードを落とさないために、前向きなコミュニケーションをとることが多いです。明るい職場だと思います。

もっとも、仕事の質とスピードは一定以上要求されるので、のんびりと仕事をしたいという人には不向きだと思います。仕事の質とスピードを追求して、依頼者に喜ばれる仕事をしたいという人には向いていると思います。

埼玉支部の支部長と伺いましたが、いかがですか?

埼玉支部は、埼玉の中心地である大宮に位置しています。おかげさまで多数のご相談、ご依頼を受けており、交通事故、相続、不貞慰謝料請求、離婚、刑事事件といった事件を多く扱っています。

地域の弁護士ニーズによりよく応えるために弁護士、事務員が一丸となって業務を進めています。弁護士、事務員間では、ミスが生じないようにコミュニケーションを密に行い、業務改善のアイデアも毎月のように提案され実行されています。風通しがよく、働きやすい職場であると自負しています。

今後、埼玉支部を大きく発展させていく予定ではありますが、現在の埼玉支部の雰囲気の良さは維持し続けたいと思っています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

弁護士は業務範囲が広く、依頼者の人生の課題に寄り添える仕事です。その課題に一緒に取り組み、解決までサポートして、納得いく解決が得られると、端的に「人の役に立てた」という実感が得られます。

たとえば、相談の段階で、相談者は、自分の抱えている問題について不安やストレスを感じて来所します。
相談者の不安やストレスを的確にくみ取ってそれらを解消するためのアドバイスをすると、それまで暗かった相談者の顔が明るくなるのがわかります。相談の終盤に「相談してよかった」、「もっと早くに相談すればよかった」などと言ってもらえると、端的に「弁護士になってよかったな」と思います。

また、依頼者と一緒に事件を進めていき、困難を乗り越えて解決ができると、安堵感と達成感を得られます。

「事件が弁護士を成長させる」ということがよく言われますが、その通りだと思います。事件解決とともに依頼者から感謝の言葉をいただけると、ますます仕事を頑張ろうと思えます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

埼玉支部では書籍の購入等について、弁護士同士の多数決で決めているのですが、だいたい1人の先生が必要と思って購入する書籍のテーマについては他の先生も問題意識を持っていることが多く、「その本ほしい!」ということで意見が一致することが多いです。

弁護士同士仲がよく、お互いに事件内容について相談しあっています。たまに一緒に飲みにいったりもします。また、新人に対しても教えたがりの先生が多いですので、優しく指導する環境も整っていると思います。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

問題解決力に優れたねばり強い弁護士になれると思います。弁護士法人ALGには、目標達成のためにゴールから逆算する文化があります。たとえば、最初から「証拠が乏しいから無理」などと投げ出さずに、「どのようにしたら依頼者の目的を達成できるのか」を考え、証拠が乏しいのであれば、乏しい証拠からいかに立証していくかなどを徹底的に考え抜くという文化です。

弁護士法人ALGは、弁護士の数が多く、取り扱っている事件類型も多岐に及ぶことから、ある事件での解決方法を応用すれば、自分の直面している難しい課題の解決方法となることが多くあります。自分の経験を活かし、他の同僚弁護士の経験をも活かすことで、解決の糸口が探せるのです。

依頼者の想いを拒絶するのではなく、依頼者の想いに寄り添って、徹底的にその想いを実現する方法を考えます。その結果、依頼者の納得いく解決を得られたときは本当に弁護士冥利に尽きます。

「依頼者から感謝される→自分には成功体験が蓄積される(成長)→弁護士業がさらにおもしろくなる→自ら研鑽に励む」。そんな好循環を体験できる弁護士になれると思います。