弁護士採用・求人 -ALG Recruit-
宇都宮支部長 弁護士 山本 祐輔

宇都宮支部長 弁護士山本 祐輔栃木県弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

多種多様な事件の取り扱いがあり、多くの事件に触れることで弁護士としての力量をつけることができる環境であるという紹介を受けて、弁護士法人ALGに応募をしました。当時は、今ほどではないですが、弁護士も複数名在籍している規模の事務所であったため、多くの先輩たちの仕事ぶりに接することが期待できると考えたことも理由です。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

実際に、多種多様かつ多量の事件を扱うことができたことです。事件の種類や量が多いと、わからないことも多く、手探りで仕事を覚えることもあり、ストレスを覚えることもあります。ただ、それを乗り越えないと身につかないものはありますし、難儀だった事件をうまく終えることができたときの感慨は、得難いものがあります。

事務所の雰囲気はいかがですか?

こじんまりとしたオフィス、優秀な事務員さんたち、スタッフ間を風通しの良い関係にしたいと意識していることもあり、明るい雰囲気の支部となっていると思います。そんなに体育会系というわけではないので、リラックスして仕事に取り組めます。

ただ、最近は受任件数が非常に多くなっており、多忙を極めています。仕事があってやりがいを感じられることはありがたいのですが、少々忙しすぎるのも確かなので、早期に新しいメンバーを迎えたいですね。

宇都宮支部の支部長と伺いましたが、いかがですか?

楽しいですよ。

弁護士法人ALGの本部や他の支部の所在地に比べると規模の小さい都市ですが、栃木県弁護士会も新参者を温かく迎え入れてくれましたし、栃木の他の先生方もいい方が多いです。依頼者も、弁護士ということできちんと話を聞いてくれる方が多いです。むしろ、一般民事の分野などで腕を磨きたいのであれば、競争の厳しすぎる大都市圏でキャリアを始めるよりいいのではないでしょうか。

栃木県という土地自体も、日光などの観光地、鬼怒川などの温泉地、その他見どころも多く、都会が恋しければ新幹線で東京まですぐですから、面白くて過ごしやすいところです。平日にバリバリ仕事をして、休日にのんびり好きな過ごし方をする、慣れてくればそんな日々を送ることも可能です。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容は、それこそ依頼があれば「何でも」です。本部では事業部制を採用しているため、個々の弁護士の扱う事件の種類は絞られますが、宇都宮はそんなに人員に余裕がありませんので、仕事であるなら何でもです。中でも多いのは交通事故、次いで家事、そして相続といったところです。最近では、立退き交渉など不動産関連の案件も扱いが出てきました。

いろいろな事件を経験したいというのであれば、宇都宮は適した環境です。

仕事のやりがいを感じるのは、依頼者から「頼んでよかった。」と言ってもらえた時です。月並みですが、それだけに間違いないです。世のため人のために仕事をするタイプならもちろんのこと、自分のために仕事をするタイプでも成功と成長を実感できる一瞬ですから。あとは、忙しく仕事をした後にビールでも飲んで美味く感じるときも、「仕事をした」というささやかな満足感を覚えます。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

宇都宮支部は、今(平成29年2月末日現在)のところ、弁護士が私一人だけなので、支部内での他の弁護士との連携というのはないですね。

早く、気鋭の人材にご応募いただきたいと願っているところです。

他の支部でいうと、埼玉支部に立て込んでいるときなど協力いただくことがあります。また、オンラインでのミーティング時など、本部や全国の支部の同僚弁護士と意見を交わすこともあります。困っているときには、頼れる仲間です。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

多くの事件、色々な事件に関わりますので、心構え次第で腕を磨くことができると思います。一方、仕事で経験を積んでいくうち、関係各所とのコミュニケーションや、仕事の進め方などの点では、誰しもが自分の個性を強く出すようになると感じます。きちんと仕事をこなす分には、個々人のやり方などにあまり口を挟まない事務所だと感じています。

つまり、長く働くほど力がつくのは当たり前の話として、各々の持つ個性が発揮された弁護士になれると思います。