弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

事務局との連携について

Discussion in young lawyers 06

事務局との連携について

では、事務所に関連する質問として、最後に事務局との連携や、関係性という所を伺っていきたいと思います。
近藤先生いかがですか?

座談会の様子

そうですね、まず、東京オフィスの事務局の方々も非常に優しく、非常に親切にしてくれます。
また、皆さん非常に経験豊かです。法律事務という意味ではもちろん、何よりも対人的なクライアントへの対応が経験豊かな方が多いので、むしろ、私たち弁護士よりもそのあたりに長けてる方が多いので、非常に電話対応ですとか、技術を盗むという意味でも参考になっております。

では交通事故事業部の方からも小林先生の方ではどうですか?

はい、交通事故事業部は特に、システム・体系・職務の分担がしっかりしています。
それに伴って、事務局のそれぞれの案件の処理スピード・対応・知識については他の事務所よりも、特に優れているのではないかと思います。
なので、事務局に任せる部分と、弁護士自身が関与する部分というのを意識して、わけて仕事が出来るようになると、自分の事件の処理のスピードであったり、自分の処理する持ち件数の増加にも繋がっていきます。
もちろん、最初は自分でやってみて、経験をするということが重要だと思うのですが、資料の収集等の手続きについては事務局に任せた方が早い部分もあり、その資料を見ながら、どのように案件を進めていくか・どのようにしたら良いかを考えるのが弁護士の仕事であり、実際に進めていくのが弁護士の仕事。そのようにわけて仕事をしていく事で、実際に持ち件数の増加に繋がったなと思います。

実際の事件処理に関して、スピードであるとか、持ち件数の増加の話題を出してくれたのですが、スピードを上げていくことや持ち件数を増加する事は、自分にとって、もしくは、事務所にとって、どういった意味から大事だなと感じていますか?

やはり、目の前で困っているクライアントにとって、スピード感は重要だと思います。
実際に、困っている事が起こっているわけであり、その為に、弁護士に依頼をしているという事実があるわけです。
そうすると、早期解決というのは第一目標に挙げられ、かつ、事件の処理スピードがあがると、どういう風に進めていけば良いかという、自分の中でノウハウとか、知識とかが蓄えやすくなるので、そういう知識とかノウハウを蓄えていくと、基礎部分がしっかり出来てきて、応用もききやすくなり、それがひいては、スピード感且つ丁寧な仕事に繋がりクライアントの満足に繋がると考えています。

議題一覧

  1. 弁護士法人ALGに入所を決めた理由
  2. 実際に働いてみて感じた事
  3. 事業部・支部の雰囲気について
  4. 先輩アソシエイトとの関係(連携)について
  5. パートナーとの距離感について
  6. 事務局との連携について
  7. 入所してから「成長した」と思う点とその理由
  8. どんな人と一緒に働きたいか
  9. 修習中にやっておくべきこと
  10. 司法修習生、
    これから弁護士法人ALGに応募される方へ

参加弁護士紹介(プロフィール詳細)

(※1)弁護士 小林 優介の所属について、平成30年11月1日付けで姫路支部へ異動いたしました。
(※2)弁護士 近藤 俊輔の所属について、平成30年8月6日付けで東京オフィス 交通事故事業部へ異動いたしました。