弁護士採用・求人 -ALG Recruit-

入所してから「成長した」と思う点とその理由

Discussion in young lawyers 07

入所してから「成長した」と思う点とその理由

入所してから半年ないし1年半ぐらい過ぎている皆さんに集まってもらっていますが、この事務所に入って、もしくは弁護士になって「成長したな」と今思っている、感じている点を語ってもらえたらなと思っています。では、最初に荻野先生どうですか。

はい。成長した点というのはですね、私が弁護士として依頼者に具体的な提案をして依頼者を引っ張っていくというような事が成長した点であると思っております。
入所当時は依頼者が言ったことを相手方にそのまま伝えたりだとか、「相手方がこう言ってました」というようなことを依頼者にそのまま伝えるという、いわゆる『伝書鳩』のようなことをすることもたまにあったのですが、それでは弁護士が付いていないのと同じであると、当事者間でお話しているのと同じでありますから、弁護士としての意味がないなと。
我々は当然法律の専門家として依頼者の代理人な訳ですから、代理人に対して法的な視点から具体的な提案をするというようなことを意識した結果、依頼者に対してそういう提案が出来まして、その点は成長したなと感じております。

座談会の様子

では、同じ民事・刑事事業部ですけど志賀先生いかがですか。

はい。私はこの6か月で成長したなと思った点は、相手方との交渉や書面の内容について、相手方の状況に応じて臨機応変に作成したりすることができるようになったことです。それに加えて事件の処理のスピードもかなり上がってきたと思います。

支部の状況も聞きたいので松本先生いかがですか。

そうですね、私が一番成長したと考えることは………
数え上げるときりがないと思います。横浜支部では交通事故、民事・刑事、建て明けと色々な事件を取り扱うため、司法試験では学んだことがないような事を全て学ぶことができます。
この間もですね、離婚調停に行かせていただきまして、調停員の方が非常に財産分与の算定の方法について経験のあるベテランの方ということだったのですけれども、私が計算させていただいた方法について、ご存知なくて、結局裁判官を呼んでいただいて、裁判官が「あ、正しいですね、先生の言う事は」という風に仰ったので、その点でもやはり自分の知識は何十年とやられている方に少しずつ近づいているというか、経験年数に負けない知識と経験を積ませていただいている日々なんだなという事を実感しました。

では、山室先生、企業法務事業部で経験してみていかがですか。

はい。これまで経験したことのないような難しい案件ですとか、それから、これまで経験していなかった法的な手続きを経験させてもらっていますので、弁護士として必要な基礎能力という部分ですごく成長できているなと思っています。
それから、弁護士になってからは、個人の方と会う機会というのはすごくあったのですけども、大きな企業の部長さんですとか役員さん、そういった方と会って話す機会というのはあまりなかったので、弁護士法人ALGに入って企業でたくさんの経験を積まれてきた方とお話をする機会がたくさんあり、ビジネス的な物の考え方というのを学べていると思っています。

議題一覧

  1. 弁護士法人ALGに入所を決めた理由
  2. 実際に働いてみて感じた事
  3. 事業部・支部の雰囲気について
  4. 先輩アソシエイトとの関係(連携)について
  5. パートナーとの距離感について
  6. 事務局との連携について
  7. 入所してから「成長した」と思う点とその理由
  8. どんな人と一緒に働きたいか
  9. 修習中にやっておくべきこと
  10. 第70期司法修習生、
    これから弁護士法人ALGに応募される方へ
  11. 以前の事務所と比較して、弁護士法人ALGに入って良かったと思う点

参加弁護士紹介(プロフィール詳細)

(※注)弁護士 小林 優介の所属について、平成28年8月16日付けで東京本部交通事故事業部から、千葉支部へ異動いたしました。