共に「顧客感動」を

共に「顧客感動」

エントリーはこちら
エントリーはこちら
エントリーはこちら

積極採用中の事務所

千葉・名古屋の各事務所では、業務拡大に伴い、積極的に弁護士の採用を実施しております。
エントリーお待ちしております。

73期司法修習生 最終採用メッセージ

弁護士法人ALG&Associatesは、例年10名から15名程度の弁護士を採用してきました。

当法人は、顧客が求める弁護士像を追い求め、事業部制を採用し、各分野において得意分野を有する弁護士を育成することにより依頼数も拡大し、新たな拠点の創設によって事業範囲の拡大を実現しています。結果として、各地方においても、相談や依頼が増加し続けており、多くの方々に対して、広い範囲で高品質なリーガルサービスを提供できるようになりました。

当法人は、これからも立ち止まることなく発展することを志向しており、東京をはじめとする各拠点において、これまで以上に積極的な弁護士の採用を見込んでいます。法的なサポートを必要としているクライアントに向き合って、多くの方に高品質のリーガルサービスを提供していきましょう。

弁護士法人ALGのビジョン 弁護士法人ALGのビジョン

弁護士法人ALGのビジョン

弁護士法人ALG&Associatesは、1つのミッションを掲げ、2つのアプローチの必要性を認識し、実行に移すことを理念としています。

当法人は、個人及び企業のために、高品質のリーガルサービスを提供して、顧客の満足のみならず、「顧客感動」を実現し、最終的に個人の生活の向上及び企業の発展に貢献することをミッションとして掲げています。弁護士としての業務遂行において、顧客が満足することは当然の前提であり、それを超える価値を創造することではじめて、個人及び企業の価値の向上に寄与するものと考えています。上記のとおり掲げたミッションを実行に移すためのアプローチとして、2つの視点を重視しています。

業務内容 業務内容

業務内容

ALGでなりたい弁護士になれる

弁護士法人ALG&Associatesは、1つの分野を専門で極めて活躍していく「プロフェッショナル」と、多分野で活躍する「ジェネラリスト」の各フィールドをご用意しております。 将来、自身がなりたい弁護士像により合う選択が可能となっております。

Professional

東京法律事務所

東京法律事務所においては、事業部制の採用により、早期に専門性を身に着けるべく、集中的な案件処理が実施されています。
事業部は、民事・刑事事業部、医療事業部、交通事故事業部、企業法務事業部に分かれており、それぞれの事業部において、担当する事件の種類が大きく異なります。

Generalist

宇都宮・埼玉・千葉・横浜・名古屋
大阪・神戸・姫路・福岡

事業部制を採用していないため、幅広い分野を経験することができます。
しかしながら、東京法律事務所において事業部制を採用しており、事業部に関連する分野については、顧客も多い傾向にあるため、家事事件、交通事故事件については、各拠点においても十分な研鑚を積むことができます。

積極採用中の事務所

千葉・名古屋の各事務所では、業務拡大に伴い、特に積極的に弁護士の採用を実施しております。

  • 弁護士法人ALG&Associates 千葉法律事務所 外観 弁護士法人ALG&Associates 千葉法律事務所 外観
    千葉法律事務所所長 弁護士 金﨑 美代子
  • 弁護士法人ALG&Associates 名古屋法律事務所 外観 弁護士法人ALG&Associates 名古屋法律事務所 外観
    名古屋法律事務所所長 弁護士 井本 敬善

宇都宮、埼玉、横浜、大阪、神戸、姫路、福岡の各事務所でも、弁護士の採用を実施しております。

所属弁護士インタビュー

私の弁護士就職体験談

東京法律事務所 企業法務事業部 72期 弁護士 アイヴァソン マグナス一樹(東京弁護士会所属) 東京法律事務所 企業法務事業部 72期 弁護士 アイヴァソン マグナス一樹(東京弁護士会所属)

専門部が分かれていることもあり、自分のやってみたい仕事をすることができる可能性が高いと感じます。

私は、最初に入所した事務所を4か月ほどで退所し、弊所に転職をしました。そんな私が後輩にアドバイスをするのであれば、就職活動は、慎重かつ計画的に行わなければならないということです。弁護士の就職活動において、私はどのように進めればよいのかを迷っていたので、よく先輩にお話を聞きに行きました。その中でよく聞いたのは、弁護士の就活は、縁で決まるものだという話です。

東京法律事務所 企業法務事業部 72期
弁護士 アイヴァソン マグナス一樹(東京弁護士会所属)

神戸法律事務所 72期 弁護士 八木 翼(兵庫県弁護士会) 神戸法律事務所 72期 弁護士 八木 翼(兵庫県弁護士会)

弁護士は他人の争いごとに関わる業務内容であり、精神的な負担は大きいため、事務所内の人間関係で余計な悩みを抱えたくなかったからです。

皆さん、初めまして。神戸法律事務所で勤務しております72期の八木と申します。今回、私の就活体験記を通じて、皆さんがALG(特に、神戸法律事務所)に興味をもっていただければと思い、以下に私の就活体験記を記載いたします。まず、私が事務所選びで重視していたのは、①お金、②仕事、③人間関係の3つです。これら3つの要素を、重視していた順番に並べると以下のようになります。
③>>>>>>>>>>②≧①
上記の図から明らかなとおり、私が面接で最も重視していたのは人間関係です。具体的に言えば、事務所の雰囲気、弁護士や事務員の人柄(特に、話しやすさ)を重視していました。

神戸法律事務所 72期 弁護士 八木 翼(兵庫県弁護士会)

東京法律事務所 交通事故事業部 72期 弁護士 有村 朋江(東京弁護士会所属) 東京法律事務所 交通事故事業部 72期 弁護士 有村 朋江(東京弁護士会所属)

交通事故案件に特有の知識を学ぶことができているため、今学んでいることは、弁護士としての強み、武器になるだろうと感じています。

法律事務所の就活は、司法試験受験後や合格後から始める方が多いと思いますが、私が就活を始めたのは、導入修習開始後の時期でした。就活において私が行ったことといえば、司法修習生向けの求人サイトで情報を集め、事務所説明会に行き、面接を受けるというごく普通のことだけでしたが、重視したポイントが二つほどありました。

東京法律事務所 交通事故事業部 72期
弁護士 有村 朋江(東京弁護士会所属)

数字で見るALG

数字で見るALG 数字で見るALG

求める人物像

募集要項

勤務地
東京、宇都宮、埼玉、千葉、横浜、名古屋、大阪、神戸、姫路、福岡
勤務時間
AM10:00 ~ PM7:00
休日
完全週休2日、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、2年目より弁護士休暇(長期休暇可)
交通費
全額支給
年俸
600万円 別途:利益配当型業績報酬あり
福利厚生
  • 希望書籍の購入制度あり
  • 判例検索サービス(WestlawJapan及び判例秘書の2種)利用可能
  • 所内弁護士に対する事件相談用メーリングリスト
その他条件
個人事件は、法人事件として受任の上、担当弁護士として関与。
個人事件による売上は、利益配当型業績報酬へ反映。
弁護士会費自己負担(※ただしシニアアソシエイト以上は事務所負担)
募集人数
10~20名
年齢
不問
取扱い業務
企業法務、相続、離婚、交通事故、医療過誤、刑事事件等
必要書類等
  • 履歴書(顔写真貼付)※希望勤務地記載(東京法律事務所希望者は希望事業部迄記載)
  • 職務経歴書(社会人経験のある方のみ)
  • 成績表(大学・大学院)
  • 成績表(司法試験)
  • その他(アピールできるもの)

ご質問等あれば、お電話またはメールをいただいても結構です。
応募の秘密は厳守します。
なお、応募書類は返却いたしませんので予めご了承ください。

共に顧客感動

今すぐエントリー

大阪法律事務所 69期 弁護士 今井 綾香 大阪弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

ALG&Associatesの良い点や入所して良かったと思う点は?

期の上下に関係なく、意見を言うことができるのが非常に良い点であると感じています。また、弁護士及び事務局間の仲が良く、関係性に悩むことなく業務に集中することができている点も素晴らしいと感じています。

女性が働く環境として、いかがですか?

当事務所内において女性弁護士は少数派ですが,他の弁護士は良い意味で女性扱いをしないので,気兼ねなく働くことができていると思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

他の弁護士と共同で担当している案件については、適宜相談しながら進めています。単独で担当している案件については、上で述べたとおり不安部分について相談しながら進めています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

交通事故・家事事件・一般民事など、幅広く担当しております。
「頼んでよかった」と仰っていただいた際には、弁護士になってよかったと感じます。

大阪法律事務所 66期 弁護士 加茂 和也 大阪弁護士会所属

※2018年6月末日時点でのインタビュー内容です

ALG&Associatesの良い点や入所して良かったと思う点は?

入所して最初に気付いたことは弁護士間や弁護士・事務員間の仲が良いことです。
ボス弁が怒鳴り散らすなど、仲が悪く険悪な雰囲気の事務所の話を聞くこともありますし、そのような事務所ですと精神的に仕事どころではないと思います。
その点、弁護士法人ALGではそのような険悪な雰囲気になることがありませんので、依頼者の方の案件処理に全力を尽くすことができるように感じています。また仲がいいことから、気軽に相談することができる点も案件処理の上で、非常に助かっています。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

自分だけが担当している事件であっても、他の弁護士と相談しながら進めることができていますので、自分ひとりで抱え込むよりも依頼者の方に良質なサービスを提供できているのではと思います。
実際、他の弁護士から、自分とは違った観点を指摘してもらうことも少なくありません。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容は、交通事故や離婚関係が割合としては多いですが、特定の分野のみ担当しているわけではないので、その他の事件(例えば刑事事件)なども担当します。
個々の事件について、自分が携わることで依頼者の方に喜んでいただいたときの達成感は何物にも代えがたいものがあります。また、当然のことではありますが、「弁護士」にしかできないことはたくさんありますので、その点にやりがいを感じることは多いです。

東京法律事務所 交通事故事業部 71期 弁護士 大月 貴生 東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

ALG&Associatesの良い点や入所して良かったと思う点は?

先輩弁護士の皆さんからの指導が非常に丁寧な点。事件の処理でわからないところがあるとき、方針に迷ったときに気軽に相談できる環境があることが非常にありがたいです。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

それぞれが担当する事件について、弁護士同士で頻繁に進捗を確認し、時に処理方針を相談しあって進めています。どの弁護士に対しても気軽に相談できる環境なのでひとつのチームの中にいるような感覚で働けています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容としては先に述べたように窓口交代による治療のサポートや損害賠償の示談交渉がメインとなります。最初に相談に来られた時には様々な原因で不安や不満を抱えていた方々が、治療、交渉を進めた結果として、納得していただける形で事件を終えることができた時には、ご本人と同じくらいの達成感を感じるとともに、抱えていた不安や不満を解消する一助となることができたことを喜ばしく思います。

東京法律事務所 企業法務事業部 72期 弁護士 アイヴァソン マグナス一樹 東京弁護士会所属

私の弁護士就職体験談

専門部が分かれていることもあり、自分のやってみたい仕事をすることができる可能性が高いと感じます。

私は、最初に入所した事務所を4か月ほどで退所し、弊所に転職をしました。そんな私が後輩にアドバイスをするのであれば、就職活動は、慎重かつ計画的に行わなければならないということです。

弁護士の就職活動において、私はどのように進めればよいのかを迷っていたので、よく先輩にお話を聞きに行きました。

その中でよく聞いたのは、弁護士の就活は、縁で決まるものだという話です。確かに、多くの事務所においては、正式な面接を経たりすることなく、司法修習中に機会を得て入所するということがあります。それはまさしく縁というべきものでしょう。

縁によって、自分と相性のいい事務所と巡りあえた場合には、特に問題がありません。しかし、そうでない場合には、弁護士として業務に慣れなければならない大変な時期に就職活動をしなければならないという憂き目に遭うこともあります。

私が最初に入った事務所は、司法修習中の縁で入所しました。しかし、その事務所は、急激に組織体制が変化しており、新人を教育する余裕がなかったように感じます。

また、転職の際に、多くの修習同期に相談をしたのですが、その際、私と同じように縁で入所した事務所で思ったような働き方ができず、転職を余儀なくされている方が思いのほか多かったです。

以上の経験から、私は、縁で就職活動をするのは、一種のギャンブルであり、人生がかかっていることを考えると避けるべきであると考えます。

最後に、本就職体験記の趣旨に則り、少しだけ弊所について宣伝をします。まず、弊所には、先輩に質問をすることができる風土があります。また、専門部が分かれていることもあり、自分のやってみたい仕事をすることができる可能性が高いと感じます。

(私もまだまだこれからですが)弁護士として経験を積むことのできる素敵な事務所だと考えています。

神戸法律事務所 72期 弁護士 八木 翼 兵庫県弁護士会

私の弁護士就職体験談

弁護士は他人の争いごとに関わる業務内容であり、精神的な負担は大きいため、事務所内の人間関係で余計な悩みを抱えたくなかったからです。

皆さん、初めまして。神戸法律事務所で勤務しております72期の八木と申します。
今回、私の就活体験記を通じて、皆さんがALG(特に、神戸法律事務所)に興味をもっていただければと思い、以下に私の就活体験記を記載いたします。

まず、私が事務所選びで重視していたのは、①お金、②仕事、③人間関係の3つです。これら3つの要素を、重視していた順番に並べると以下のようになります。

③>>>>>>>>>>②≧①

上記の図から明らかなとおり、私が面接で最も重視していたのは人間関係です。具体的に言えば、事務所の雰囲気、弁護士や事務員の人柄(特に、話しやすさ)を重視していました。というのも、弁護士は他人の争いごとに関わる業務内容であり、精神的な負担は大きいため、事務所内の人間関係で余計な悩みを抱えたくなかったからです。他にも指導の受けやすさ、質問のしやすさなども人間関係に関する事柄であり、③人間関係は弁護士として働く上で非常にとても重要な要素だと思っています。

ALGの神戸法律事務所の最初の面接では、所長の小林先生とお話をさせていただき、非常に話しやすく、楽しく面接が終わったと覚えております。

その後、所長と事務員、私の3人で食事に行きました。事務員さんが私と同世代の方だったので、あまり緊張せずに楽しくお話ができ、所長と事務員さんが楽しくお話をされていたことから、事務所内の雰囲気も良さそうだとも思いました。

この面接と食事が終わって、少し経過してから、神戸法律事務所から内定をいただきました。私としては、③人間関係での心配は一切なく、②仕事の量や内容は私の希望(多くの仕事をこなして、経験を積みたい)とおりで、①お金についても高く評価されたと嬉しく思える金額でした。そのため、今こうして神戸法律事務所で働くに至ります。

この就職体験記をご覧になっている方は、弊所での説明会や面接へのエントリーを悩んでおられる方が多いかと思います。この就活体験記が、そういった方々の参考となれば嬉しく思います。

東京法律事務所 交通事故事業部 72期 弁護士 有村 朋江 東京弁護士会所属

私の弁護士就職体験談

交通事故案件に特有の知識を学ぶことができているため、今学んでいることは、弁護士としての強み、武器になるだろうと感じています。

法律事務所の就活は、司法試験受験後や合格後から始める方が多いと思いますが、私が就活を始めたのは、導入修習開始後の時期でした。

就活において私が行ったことといえば、司法修習生向けの求人サイトで情報を集め、事務所説明会に行き、面接を受けるというごく普通のことだけでしたが、重視したポイントが二つほどありました。

まず、一つ目は、私が関心を持っている分野の案件を多く扱っている事務所かどうかということです。
それは、特定の分野に精通することは、弁護士としての強みになると考えたからです。
実際に弊所に入所し、多くの交通事故案件を扱う中で、一般的な法的知識だけでなく、交通事故案件に特有の知識を学ぶことができているため、今学んでいることは、弁護士としての強み、武器になるだろうと感じています。

次に、二つ目は、事務所の環境です。
新人でも早く成長できるように、質問等がしやすい雰囲気であることや、教育体制が整っていることも私が重視したい点でした。
弊所の事務所説明会に参加した際、明るく和やかな雰囲気を感じたほか、新人弁護士を対象とした勉強会も実施されていると聞き、弊所の面接を受けてみることにしました。
実際、先輩弁護士は皆、私の些細な疑問にも快く答えてくれ、非常に充実した環境で過ごすことができています。

就活をするうえで重視するポイントは人それぞれだと思いますが、多くの事務所説明会に参加して多くの弁護士から話を聞いてみることで、自身に合う事務所に出会えるのではないでしょうか。
ぜひ、一度弊所の事務所説明会にエントリーし、弊所の雰囲気に触れてみてください。