弁護士採用

大阪支部 71期 弁護士宮本 龍一大阪弁護士会

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 宮本 龍一

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

私は、医療の分野に大変関心があり、医療事件について多く取り扱っている事務所に入所したいと考えておりました。弊所では、医療事件を専門的に取り扱っており、相談数も多く実績があるので、他事務所に比べ、より早期に高度な専門性を習得できると考えたからです。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

医療事件の相談件数が、他事務所に比べて、圧倒的に多いので、同分野の専門性を習得できるスピードが、非常に早いと思います。また、先輩の先生方が、新人のために勉強会を開催して下さる等、手厚く指導していただけますので、専門知識のみならず、様々な事件処理の方法や受任の方法を早いうちから習得できます。新人弁護士としては、法律相談に入るにあたって、経験がないことが一番の不安要素になるので、先輩方の様々な経験について、法律相談シート(実際の事件)を使って勉強できる機会があることを非常に有難く感じています。

事務所の雰囲気はいかがですか?

非常に良いです。あまり上下関係を感じさせないような、気さくな先輩方が多いので、分からない点や困っている点については、すぐに上司や先輩弁護士に聞くことができます。また、事務所の問題点・改善点についても、各弁護士が抱え込むことなく、すぐに支部長やシニアアソシエイトに相談・指摘できる雰囲気がありますので、非常に快適に仕事を行える雰囲気だと思います。

大阪支部所属と伺いました。大阪支部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

大阪では、医療分野を担当している弁護士が医療事件しかしないわけではなく、医療事件以外の事件にも取り組んでいます。新人の弁護士は、基本的に先輩弁護士と協同して事件処理を行っています。

大阪支部の事件処理の仕方としては、事案の難易度や忙しさによって、複数で担当するかが決まり、単独で受任した事件は、不明な点があれば、シニアアソシエイトに相談する等して事件処理を行っています。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

医療事件を多く担当させていただいていますが、離婚や相続等の家事事件や交通事故、不動産事件等についても担当させていただいています。

医療事件については、取り扱っている弁護士の数も少なく、相談窓口がほとんどありません。しかし、そのニーズは少なくなく、そのような問題を抱えている方々の問題解決のお役に立ち、医療現場において患者に対し適切な医療行為がなされるといった本来あるべき姿への実現に協力できることにやりがいを感じています。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

現在は、他の先生方と協同して事件処理を行うことが多いですが、他の先生方とこまめに連絡を取っていますので、連携は十分に取れていると思います。特に、弊所では、民事進捗システムやメッセンジャー等の連絡ツールが充実していますので、先生方が不在であっても、容易に連絡事項を残すことができますので、連絡漏れが起こる心配がほとんどありません。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

様々な分野の事件を多く経験することができますので、幅広く専門性を習得できるとともに、その専門性を深めることができます。

また、受任及び事件処理にあたって重要となるのは、過去の体験・経験(専門的な知見だけでなく、依頼者との信頼関係の構築の仕方等も含みます。)であると思います。弊所では、自分自身でも多くの事件を経験することができる上に、自分が行った事件だけでなく、弊所において受任した事件について共有できますので、非常に多くの経験を得ることができます。

私は、弊所で働くことにより、法律家としても、人としても厚みのある弁護士になれると感じています。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

  • 8:45~メールチェック、勉強会の準備
  • 10:00~11:00先輩弁護士による新人弁護士勉強会
  • 11:00~13:00起案、依頼者や相手方への電話対応等
  • 13:00~14:00先輩弁護士らと昼食
  • 14:00~16:00起案や電話応対等
  • 16:00~17:00法律相談の検討、先輩弁護士と法律相談前相談
  • 17:00~19:00法律相談
  • 19:00~21:30書面等の起案

といった感じです。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です