弁護士採用・求人専門サイト

代表・パートナーメッセージ

  • 自己の成長と事務所の成長のベクトルを合わせられる

    代表執行役員 弁護士 金﨑 浩之東京弁護士会所属

    弁護士法人ALGは、“永続すべき法律事務所”を目標にしており、基本的に拡大路線を採用しています。法律事務所は公益性が高い社会のニーズを満たすという重要な使命を負っており、小規模事務所のままではこの遠大な計画を実現することは困難だからです。

    したがって、所属弁護士の成長・発展は、事務所の成長・発展に直結し、みんなで10年後、20年後の夢を共有することができます。

    このように長期的にも所属弁護士のみなさんにやりがいと生きがいを提供できる弁護士法人ALGで、一緒に頑張ってみませんか?

  • 常に考えることを厭わず、革新を楽しむ気概を持った弁護士を待っています。

    代表執行役員 弁護士 片山 雅也東京弁護士会所属

    我々の組織が求めている人材は、単に法律知識を回答できるだけではなく、クライアントの抱えている問題を真に解決したいと思い、問題の内実、背景までも興味を持ち、常に考えることを厭わない弁護士です。仕事を処理することだけを目途として、深く考えることを楽しめない弁護士は大きく成長できません。
    クライアントの要望を満たすことができるよう、むしろ新たな判例や裁判例を自ら作っていくという革新的な意識が弁護士には求められる時代であり、弁護士法人ALGは、そのような気概を持った弁護士で構成されています。

    我々の組織は未だ成長過程にすぎません。そのため、変化を嫌うのではなく、変化を楽しみ新しいことにチャレンジしていく意識を持った弁護士と一緒に組織を作っていきたいと思っています。

  • 「自ら"ホニャララ"を提案することができ、それを実行することが出来る人」を探しています。

    執行役員 弁護士 山岸 純東京弁護士会所属

    当弁護士法人では、これまで蓄積された確かな経験と戦略的広告活動によって既に確立した法律分野(企業法務分野、交通事故被害者弁護活動分野、家事・刑事分野、医療過誤被害者弁護活動分野その他)における業務を、入所したその日から担当し、研鑽を積むことができます。

    そして、もし、これらの法律分野を経験した後、新しい分野を開拓したい、さらに既存の分野からさらに細分化した分野を追究していきたいという希望があるなら、「期」を問わず、是非、提案してください。「時機」と「熱意」によるシナジーが見込める限り、当弁護士法人は「期」にかかわらずみなさんのトライに応えます。

  • 多くの弁護士に弁護士法人ALGに参加してもらうことが必要と感じています。

    執行役員 弁護士 家永 勲東京弁護士会所属

    実際に経験したからこそ感じることができたのは、事務所の成長・発展のためには、地道な顧客の信頼獲得への努力と弁護士達の成長が不可欠だということです。

    新たに入所してくる弁護士の活躍なくして、事務所の発展は望めませんので、当法人の弁護士は、できる限り後輩の相談に応じることが慣習となっており、すべての弁護士が成長するよう望んでいます。これからも業務を拡大し、さらに広い地域において弁護士法人ALGのリーガルサービスを提供するためには、多くの弁護士に弁護士法人ALGに参加してもらうことが必要と感じています。

  • 非常に働きやすい環境で、数多くの経験を積むことができます。

    大阪支部長 弁護士 長田 弘樹大阪弁護士会所属

    当法人は、事業部制を採用し、弁護士が専門分野の事件に特化して効率的に事件処理を行うところに特色があります。東京本部では、明確に分業化が図られているのに対し、大阪支部では、ゆるやかな事業部制をとっており、ある弁護士が特定の種類の事件を多く担当するということはありますが、ある程度幅広く様々な事件に触れることになります。

    3か月程度の研修期間の後には、自分で事件を持つことになりますが、もちろん先輩の弁護士がフォローするので、心配はありません。当法人は、事件の数も多いですから、事件処理を通じて早い段階でより多くの経験を積むことができます。

    このように、当法人は、非常に働きやすい環境で、数多くの経験を積むことができますので、弁護士として大きく成長することができます。

  • 自分の発想・情熱を100%傾け、それを実現するために遠慮なく動いてください。

    名古屋支部長 弁護士 谷川 聖治愛知県弁護士会所属

    偶然の出会いから弁護士法人ALGに移籍しましたが、移籍してからの私は一言で言えば「自由奔放」でした。
    もともと独立も考えていたため、事務所を辞めることについて全く恐れはなかったので、事務所として改善すべき点が目につけば、改善のための意見を出し、要望があれば上申書を出すことを繰り返しました。
    当時のパートナー陣は私の本気半分我儘半分の意見に対し、全て誠実に回答をしてくれました。

    法律上で禁止されていることを行うことは許されませんが、自分の担当の事件について、些末な慣例や方式等気にせず、自分の発想・情熱を100%傾け、それを実現するために遠慮なく動いてください。
    そうすることが弁護士として成長する一番の近道だと思います。

  • 環境を有意義に使い、一緒に我々の組織を発展させていこうという意欲のある方を歓迎します。

    千葉支部長 弁護士 金﨑 美代子千葉県弁護士会所属

    現在東京本部にて導入されている事業部制は、様々な分野を取り扱う弁護士が一般的である中、医師に専門分野があるように、弁護士にも専門があるべきではないかとの、10年以上前の構想がようやく実現化したものです。
    弁護士業界を取り巻く環境も、年々変化していく中、ただ理由もなく保守的な考えに固執するのでは、いずれ淘汰されてしまいます。

    弁護士法人ALGでは、パートナー弁護士だけではなく、アソシエイトや事務局職員にも、質の高い仕事の実現のほか、事務所の今後の発展のために何が必要かを主体的に考え、提案していくことを求めています。

    自由闊達な議論ができる我々の組織の中、その環境を有意義に使い、一緒に我々の組織を発展させていこうという意欲のある方を歓迎します。

  • 組織のために役立ちたい、と考えられる弁護士と一緒に頑張っていきたいと思います。

    事業部長 弁護士 日向 祥子東京弁護士会所属

    より良いリーガルサービスの提供をビジネスとして成立させるということは、当然のようで実は容易なことではなく、弁護士法人ALGの弁護士は、日々たくさんの業務に追われています。最初の数年間は特に忙しく、大変なこともたくさんあると思います。しかし、日々の業務に懸命に取り組んでいるうちに、きっと、弁護士としての成長、弁護士という仕事の遣り甲斐、そして組織への貢献を実感することができると思います。

    プロフェッショナルとしての自覚に加え、中長期的な視点を併せ持ち、組織のために役立ちたい、と考えられる弁護士と一緒に頑張っていきたいと思います。

  • 私は、弁護士法人ALGで最高の出会いができたと思っています。

    プロフェッショナルパートナー 弁護士 佐久間 明彦東京弁護士会所属

    一般企業が懸命に学生を勧誘し、できるだけ希望者を多く募ろうとする(バブル時期だったのもありますが)のに対し、弁護士は全くそうではありません。採用できる人数は限られているから、現実を伝えて、それを嫌がるようなやつはいらない、それでも来たいという人から選ぶということなのでしょう。そんな状況ですから、法律事務所の面接は、殿様商売のごとく、どこか尊大な印象を受けましたね。そして、いわゆるボス弁は、一癖も二癖もあり、事務所内で絶対王政を敷いている場合が殆どでした。

    しかし、弁護士法人ALGは違ってたんです。私は金﨑浩之先生の面接を受けたのですが、友達に語りかけるような感じで話してきてくれて、普通のボス弁が持っている堅苦しさがありませんでした。

  • 一番重視してほしいのは、「自分に合うかどうか」ということです。

    プロフェッショナルパートナー 弁護士 岡本 珠亀子東京弁護士会所属

    これから弁護士になろうとするにあたって、どのような法律事務所を選択しようかと悩んでいることと思います。そんな中で一番重視してほしいのは、「自分に合うかどうか」ということです。

    就職活動は厳しくなる一方ですが、就職したところをすぐにやめるようなことになっては、伸びる能力も伸びないかもしれません。自分が居るべきだと思える事務所を選んでください。

    弁護士法人ALGにいらっしゃる機会があれば、面接対応する弁護士は皆気さくな人だと思いますので、思い切って本音で話してみてくださいね。

弁護士採用・求人情報

70期・71期司法修習生向け事務所説明会

各支部へ事務所訪問

ご希望の支部へ直接事務所訪問を随時承っております。

是非、お気軽に事務所訪問くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

各支部へ事務所訪問をする

弁護士法人ALG&Associatesについて

アソシエイトインタビュー

数字で見る弁護士法人ALG

  • 所属弁護士数

    弁護士法人ALG&Associates 所属弁護士数

    63名

    2017年8月末日現在

  • スタッフ数

    弁護士法人ALG&Associates スタッフ数

    129名

    2017年8月末日現在

  • 一人あたりの平均受任件数

    弁護士法人ALG&Associates 一人あたりの平均事件処理件数

    63.30件

    2016年8月末~2017年8月末※企業法務のぞく

  • 拠点数

    弁護士法人ALG&Associates 拠点数

    9拠点

    東京・宇都宮・埼玉千葉・横浜・名古屋大阪・姫路・福岡

  • 弁護士平均年齢

    弁護士法人ALG&Associates 所属弁護士の平均年齢

    35.06歳

    2017年8月末日現在

  • 男女比率

    男性:39.7%(77名)女性:60.3%(117名)

    2017年8月末日現在※産休・派遣除く

若手弁護士による座談会

共に「顧客感動」

まずは、事務所説明会へ参加する

事務所説明会の参加はこちら

すぐにエントリーする

エントリーはこちら