弁護士採用

東京オフィス 企業法務事業部71期 弁護士大平 健城東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 大平 健城

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

弁護士として企業法務で専門性を磨きたいと考えており、企業法務事業部で勤務したいと思ったから。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

企業法務事業部では、入所して間もない段階で、内容証明郵便による通知の発送から強制執行申立まで一通りの業務に携わることができるため、弁護士としての基本的なスキルの習得が早いこと。

多くの顧問先があるため、日常的に様々な種類の法律相談(不動産のトラブルから会社法絡みの相談等)に触れることができ、法律的な知見がかなり広がったこと。

事務所の雰囲気はいかがですか?

若い弁護士が多く、相談がしやすい雰囲気です。

挑戦したい分野などを先輩に伝えれば、できる限り調整してもらえるため、やりたい仕事が獲得しやすい環境だと思います。

企業法務事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

企業法務事業部は、企業から仕事をいただくので、スピード感があります。

日々、納期を意識しながら起案をこなしていくのは、他の事業部と比較して特徴的だと思います。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

企業から寄せられる法律相談へ回答したり、受任した訴訟案件や交渉案件を進めていくことが中心です。

顧問先が多種多様なため、寄せられる相談は、不動産にまつわる身近な法律問題から、M&Aなど会社法がからむ問題まで様々であり、仕事をしていく中で様々な勉強をすることができます。

まだ、入所して日が浅いものの、弊所で積むことができた経験値は、他の同期の弁護士に比べて多い方だと思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

弊所の弁護士は若い弁護士が多いほか、執務スペースもオープンなので、分からないことがあれば、同期や先輩弁護士に気軽に質問ができます。

先輩弁護士もとことん議論に付き合ってくださるので、積極的に質問させていただいています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

弊所に入所すれば、自分が理想とする弁護士になるための基礎力が身につくと思います。

特に企業法務事業部では、企業からの相談や交渉案件、契約書のレビューなど、企業法務部門らしい業務のほか、訴訟案件も多いため、早い段階で一通りの業務を扱うことができます。また、幅広い種類の事件を扱うため、様々な分野の知識を獲得することができます。

どのような弁護士になるかは、入所してからのがんばりによりますが、弁護士をはじめ、事務局等の組織もしっかりしており、がんばるための環境は整っていると思います。

あとは、所内で、自分でやりたいこと、なりたい弁護士像を発信していけば、それに近づいていくのではないかと思っています(私も自分なりにそうしています)。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

外出がない一般的な1日の場合

  • 10:00頃執務開始
    メール確認・返信、一日のタスクを確認
  • 10:30~起案等
  • 13:00~昼食
  • 14:00~来所相談
  • 15:30~打ち合わせ
  • 17:00~起案等
  • 19:00~ミーティング
  • 20:30帰宅

日によっては、出廷のために裁判所へ行ったり、顧問先へ訪問して法律相談を受けにいくこともあります。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です