弁護士採用

東京オフィス 交通事故事業部71期 弁護士大月 貴生東京弁護士会所属

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です

弁護士法人ALG 大月 貴生

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

幅広い分野の事件を経験しつつ、将来的には特定の専門分野を磨いていくことができる環境があると考えたため。また、専門分野として医療事件に関心があったため。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

先輩弁護士の皆さんからの指導が非常に丁寧な点。事件の処理でわからないところがあるとき、方針に迷ったときに気軽に相談できる環境があることが非常にありがたいです。

事務所の雰囲気はいかがですか?

弁護士と事務との関係も良好で、全体的に和やかな雰囲気です。

交通事故事業部所属と伺いました。事業部の特徴や案件処理の進め方を教えて下さい。

交通事故事業部は、文字通り交通事故事件を専門に取り扱っており、弁護士と事務とが連携を取りつつ多数の事件処理を効率的に進めている点が特徴といえます。

クライアント本人及び相手方保険会社と連絡を取りつつ、事故による傷害の治療をサポートし、最終的には本人が納得できる形での示談の成立を目指して相手方保険会社との交渉することが主な案件処理の進め方になります。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

仕事内容としては先に述べたように窓口交代による治療のサポートや損害賠償の示談交渉がメインとなります。最初に相談に来られた時には様々な原因で不安や不満を抱えていた方々が、治療、交渉を進めた結果として、納得していただける形で事件を終えることができた時には、ご本人と同じくらいの達成感を感じるとともに、抱えていた不安や不満を解消する一助となることができたことを喜ばしく思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

それぞれが担当する事件について、弁護士同士で頻繁に進捗を確認し、時に処理方針を相談しあって進めています。どの弁護士に対しても気軽に相談できる環境なのでひとつのチームの中にいるような感覚で働けています。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

ALGには複数の専門事業部があり、各地に支部がありますので、それぞれの希望に合わせて目指す弁護士の形を追求できると思います。同様の理由から、実際に働きだした後で目指す弁護士の形が変わった場合にも、他の事務所と比較して柔軟な対応が可能だと思います。

最後に、1日の仕事の流れを教えて下さい。

朝10時に出所し、メールや本日の予定を確認した後、進捗中の事件について相手方保険会社やクライアントに対して電話やメールでの連絡を行いつつ、それ以外の時間で少しずつ資料の検討や起案を進めることが多いです。法律相談が入っている場合は、事前に受付が作成した相談カードを基に、相談内容を想定しつつ準備をする時間を取ります。

少し遅めに昼休憩をとって息抜きした後仕事に戻ります。その後も保険会社の電話対応時間中は先ほどと同じような時間の使い方になります。保険会社の電話対応時間が終了し、事務所の電話対応時間が終了した後は、落ち着いて資料の検討や起案を進め、翌日の予定の準備をします。退所時間はその日の忙しさによって変わりますが、早ければ19時30分頃には退所し、遅いときには22時過ぎに退所します。

※2019年5月末日時点でのインタビュー内容です