神戸支部長 弁護士小林 優介兵庫県弁護士会所属

入所先として、弁護士法人ALGを選んだ理由は?

弁護士法人ALG小林 優介

やはり、事業部制を採用していることが挙げられます。
今後、「強い」「信頼される」弁護士になるには、従来の弁護士像と重なるであろう、ゼネラリストとして幅広い分野に精通し、幅広い知識等を身につけることが必要なのは言うまでもありません。

しかし、弁護士としての業務も多様化、複雑化していく中で、強みのある分野、専門分野を持つスペシャリストになることも当然求められてくると考えています。
そのため、若手の段階から、しっかりその意識付けを持って、強みのある分野、専門分野を打ち出せる、事業部制を採用している、弊所の魅力は大きいものと感じました。

もう一つ挙げるとすれば、事務所の規模が比較的大きいことです。
やはり、所属している弁護士の数が多いとそれだけノウハウも共有されやすく、また、自分自身としても、いろいろな弁護士の考え方、戦い方を直に学べる機会が多くなるため、それが自分自身にとってかなりのプラスになるのではないかと考えました。

他の事務所に比べて弁護士法人ALGの良い点や入所して良かったと思う点は?

私は、入所当初は、交通事故事業部に配属されたために、まさしく事業部制のもとで、交通事故案件を専門的に扱いました。
専門的に案件を扱うことで、またそれを1年目の早い段階から任されることで、また、自分の頭で考えて事件処理できることで、比較的早く成長できたと思います。
1年も経過すれば、他の事務所の弁護士には負けないと思えるくらいのノウハウや知識を身につけることができ、それが自分の自信につながりました。

事務所の雰囲気はいかがですか?

執務スペースにパーテーションがなく、開けた空間で弁護士と事務局が勤務しており、弁護士間はもちろん、弁護士と事務局間、事務局間でも遠慮なく質問、相談等しやすいため、かなり働きやすい環境だと思います。
また、先輩弁護士への質問等も気兼ねなく出来ますし、食事会や勉強会等もあったりするので、風通しも良いと感じています。

現に、私が神戸支部の支部長になったのも、パートナーに対して自らの意思を伝えたことによって実現したという経緯もあるので、その意味でも、自分がどういう風な弁護士になっていくかをパートナー等にしっかり伝えれば、きちんと前向きに検討してくれる良い雰囲気があります。

神戸支部の支部長と伺いましたが、いかがですか?

神戸支部は、平成31年1月に開設したばかりですので、これから、神戸支部をどういう支部にしていくのか、どういうカラーを打ち出していくのか、など自分自身で事務所を作り上げていけることに責任感を感じながらも、非常にワクワクしております。
もちろん、神戸支部で働く弁護士、事務局にも同じ目標の元、同じベクトルで進むように意識共有もしっかりしていき、良い意味で、「目につく」事務所にしていきたいと思います。

仕事内容や仕事のやりがいについて教えて下さい。

神戸支部では、金銭トラブル等の一般民事事件から、離婚や相続の家事事件、交通事故案件、刑事事件など幅広く扱っていきます。
私自身の仕事としては、弁護士として個別の案件に携わるとともに、神戸支部の支部長として、所属弁護士の案件の管理や、事務局の管理等の仕事にも携わっていきます。

その中で、やはり、「顧客感動」という弊所の理念を実現するためには、もちろん対外的に依頼者の方に対して最高のパフォーマンスを実現するのは当然ですが、その前提として、所属弁護士や事務局が働きやすい環境を整備していくのも大きな役目かと思っています。所属弁護士や事務局が働きやすい環境であるからこそ、彼らの最高のパフォーマンスを引き出せると思いますので。

そのため、個人の弁護士としては、今までどおり、一つ一つの案件に対して、スピード感を持って少しでもご満足いただけるように、丁寧に方針等を説明しながら、「依頼者の方と一緒に解決する」という姿勢を大切にしたいと思います。実際に、スピード感を維持しながら丁寧に対応することでご依頼いただいている方々から並々ならぬ感謝をされることがあり、そのときは、私自身非常に喜びを感じる瞬間となります。

また、神戸支部の支部長としては、所属弁護士や事務局の管理・状況の把握をしっかりしていき、彼らに最高のパフォーマンスを発揮できるような環境をしっかり整えていきたいと思います。
これら双方が実現されたときに(どちらか一方ではもちろん足りません。)、私自身の仕事のやりがいは最大限達成されることになると思います。

他の弁護士との関係(連携)はいかがですか。

一言でいうと、弊所の弁護士は、面倒見がよいです。事件処理で迷ったときなどに相談をしてもまず嫌な顔せずにきちんと対応してくれ、アドバイス等をくれます。
ただし、何でも聞けばよいというのはなくて、基本的には自分の事件として処理すべきなので、自分の意見も全くない状態で相談等にいっても成長にはつながらないと思います。そういうときには、他の弁護士もきちんと自分自身がどう考えているか確認してくれるので、そういう点も成長を促してくれる対応をしてくれると思います。
もちろん、仕事終わりなどにプライベートで食事にも行ったりしますし、同年代の弁護士、そして、比較的期が若い弁護士が多いことで、風通しも良く、「共に戦う仲間」といういい関係を築けていると思います。

弁護士法人ALGで働くとどんな弁護士になれますか?

案件も多い中で、ノウハウや知識の蓄積等もしっかりされているため、1年目の早い時期から案件を任されることで、また、自分の頭で考えて事件処理できることで、弁護士として比較的早く成長できると思います。
何より、自分自身の成長が事務所の成長につながることを感じられ、それに伴い、自分自身のキャリアアップも図ることが出来るため、単に一勤務弁護士でとどまらずに活躍できる弁護士になれると思います。