家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治

単なる支部ではなく、一流の法律事務所を目指して各地域に展開していく

弁護士法人ALGにおける支部の重要性

谷川事業部制の強み。企業ははっきり言って支部目線で見てても事業部制強いですよね。

家永事業部制ないと私は仕事できないですね。

谷川名古屋もほぼほぼ事業部制にしたいと思ってます。

家永そうだね。企業は特に専属作らないとなかなか仕事できないよね。うちの支部が単なる支部ではないというのは、結局ひとつの法律事務所、私たちの捉え方は支部じゃなくて、地域における法律事務所をひとつ作るっていうふうに考えているから、やっぱり総合的に広い分野を取り扱えないといけない。自然とそこは経験年次が浅かろうが深かろうが、地域に根を張ることができる優秀な弁護士に支部長になってもわらないといけない。
クライアントから弁護士として期待されることは、どこにいても変わらないので、そこは本部との情報共有だったりノウハウの共有の中で、一流の法律事務所を目指して各地域に展開していくということは我々としては考えているところですよね。

谷川単に支部を置くことだけでもメリットというのは弁護士業界にとって非常に大きいんですよ。その市場を狙えるということで。ただ、市場を狙うためだけに出してしまうと結局お客さんの利益にならない。今相談している先生は優秀なんですか、優秀じゃないんですか、自分の悩みを本当に解決してくれるんですかっていうその不安につながっちゃいけないんですよね。そういう事務所がやっぱりあるので、優秀な人がほしいんですよね。

家永目指しているのは少数精鋭ではあるよね。少数精鋭じゃない人間ばかりがいても、支部として法律事務所として機能するかというとそうではない。ひとつの法律事務所としてしっかり機能してもらおうと思ったら、やっぱりボス弁じゃないけど、支部長としてしっかりと法律事務所を運営している人間がいて、みんながついてきてくれるっていう環境を各支部ですべて整えて作っていかなきゃいけないとは思っています。単に出せばいいとかっていう発想よりは、優秀な人間と、良いエリアの両方が揃って初めて支部が出せるっていうのがうちの考え方ではあるかな。

谷川支部があって本部、本部があって支部っていうその相乗効果を狙っているので、本部のために支部があるというわけではないですね。本部の集客、本部の利益のために支部があるというのはこれは絶対に違う。むしろ、本部がやり始めたことで支部が利益を得ることはたくさんありますよ。

家永逆に支部がやり始めた結果、本部のほうにフィードバックも生じてくる。

谷川お互いが成長して、ですよね。

家永一法人として、やっぱり総合的に成長していって拡大していって、大きくなって、出来る限り中にいる人たちもみんな成長して幸せになってもらってというのがベストかな。

弁護士プロフィール

執行役員 弁護士 家永勲
執行役員 弁護士 家永勲東京弁護士会所属。特に詳しい法分野は会社法全般、不動産、フランチャイズ、IT関係、労務など企業の運営にかかわる法務全般。詳細プロフィール
執行役員 弁護士 谷川 聖治
執行役員 弁護士 谷川 聖治愛知県弁護士会所属。特に詳しい法分野は相続、不動産関係、医療過誤、交通事故、企業法務、その他一般民事。詳細プロフィール