弁護士採用
家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治

全体的な弁護士同士のコミュニケーションを中心に新人弁護士を教育していく雰囲気が続いている

弁護士法人ALGの教育制度

谷川教育制度は実は難しいですね。

家永教育制度は難しいね。正解がない。

谷川自主的には勉強会したりはてるんですけどね。

家永そうですね、大阪支部なんかは結構朝勉やってますよね。

谷川任意で、本当に有志で集まってやってますね。
私が見えている範囲ということになるんですけど、非常にいいのが、やっぱり方針含めて事件の処理とか知識についてそこら中で討論されているところがいいですね。

家永うちの弁護士立ち話好きだよね(笑)

谷川そうなんですよ。それがOJTなのかって言われたらOJTなんですけど。

家永コミュニケーションを多く取るというか、事件に限らず法律の改正の話だったりとか、次あれがこうなるらしいよとかっていう情報をなんて言うか、自分だけにとどめずに皆で共有するっていうのを自然に出来ているから、かたばった教育制度を作るというよりは、全体的な弁護士同士のコミュニケーションみたいなところを中心に新人の皆を教育していく。新人を皆で教育するっていう考え方自体は先輩にそうされてきたから、後輩にそうするというところは続いていってるのかなぁという気はしますね。

単なる職業ではなく、サムライとしての「弁護士」になってもらいたい

谷川知識だとか処理方法とかは、はっきり言って普通に兄弁や姉弁だったら誰に聞いても教えてくれるんですよ。私が一番大事にしているのは、これは私のポリシーでしかないんですけど、うちの事務所の弁護士には「弁護士」になってもらいたい。それは単なる職業ではなくて、生き方考え方として、クライアントの人生を担っていく、いかに幸福を追求するのか、もっと言ったら武士は食わねど高楊枝じゃないですけども、サムライとしての弁護士になってもらいたい。それは昔ながらの弁護士というか、その皆が漠然とイメージする「弁護士」像がかっこいいじゃないですか。それを捨てずにいてほしい。

そこについて、弁護士になって半年ぐらいの弁護士をいきなり捕まえて、「お前弁護士とはなんぞや」「お前がなりたい弁護士像はなんぞや」っていういきなり禅問答するんです。それで弁護士とは何かをしっかり考えさせる。先輩弁護士だとか、私とか、支部長とか、どういう面で尊敬できてるか、自分の弁護士像と何が違うのか。もっと言ったら弁護士として自分はどうなりたいのかっていうのを意識してもらうようにはしてます。それさえできたらハッキリ言って弁護士としての成長するための土壌の7割ぐらいは備わっていると思います。

家永目指すものなり、なりたいものがある人っていうのは結局いろいろ頑張れる人かなっていうのがありますよね。そこに向けて先に進むっていうのがあるので。
過程として自分がどういうポジションをとっていかなきゃいけないのかとか、どういう努力をしなければいけないのかっていうところが見えていれば、やっぱりエンジンにもなるし、あとはこっちがガソリンを注いであげれば、どんどんどんどん推進力になって事務所を発展させていってくれるのかなって言う風には思っていますね。

谷川気概さえあれば私らは誰でもウェルカムですね。そこをほんとに、年功序列とか気にしないで。内部的にも意見を言いやすい風潮がありますよね。批判だけするやつは私は好きではないんですけど、しっかりした建設的な意見はみんなが聞く耳を持ちますね。正解であろうが、間違いであろうが、上が聞く姿勢を持ってくれるというのは、本当にいつもありがたいと思っています。

家永でも、話は分かるけど、今じゃないってときってあるよね(笑)

谷川そのときでも、基本的にこちらは撥ね付けるんじゃなくて、説明しますよ。今はこういう事情で、こういう風にと、間違えてるわけじゃないけど、今はうちはこれで動きたいていう説明しますよね。なので、積極的に意見は取り入れますし、意見はむしろ言ってほしいですね。これが、弁護士の業務の成長だけじゃなくて、「弁護士」としての成長につなっがっていると思います。

家永教育が行き着くところは事務所の一員になってもらって、事務所づくりを一緒にやってもらうというところなんで、そこに向けてのマインドをやっぱり共有できるかどうかっていうところが大事。弁護士としてのスキルは正直なところ事件が育ててくれるというところはあるので。そこは私たちが事件を一緒にやって行く中で、道しるべにちゃんとなってあげる人がそれぞれの支部にいるのであれば、やっぱりうまくいくのかなと思っています。さっき言ったように支部の中にも少数精鋭でしっかりと人を導ける人間をおいているつもりなので、そこからしっかりと吸収してもらえれば、「弁護士」になっていけるかなとは思っています。

弁護士プロフィール

執行役員 弁護士 家永勲
執行役員 弁護士 家永勲東京弁護士会所属。特に詳しい法分野は会社法全般、不動産、フランチャイズ、IT関係、労務など企業の運営にかかわる法務全般。詳細プロフィール
執行役員 弁護士 谷川 聖治
執行役員 弁護士 谷川 聖治愛知県弁護士会所属。特に詳しい法分野は相続、不動産関係、医療過誤、交通事故、企業法務、その他一般民事。詳細プロフィール