家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治 家永勲×谷川聖治

その事件おもしろそうだなと、自然発生的に議論集団ができるんですね

弁護士法人ALGの弁護士間の交流について

谷川東京オフィス・他事業部・支部間での交流はどれぐらいありますかとはよく聞かれますね。
弁護士間の交流ですが、事件の方針についてや、協議自体がそもそも多いですね。こんな事件を経験したことがある弁護士はいないかって探すのはうちの一番いいところだと思うんです。ちょっと声をかけてみると、皆がその事件おもしろそうだなと、勝手に自然発生的に議論集団ができるんです。うちの弁護士は、基本的に首をつっこんだり、おせっかいを焼くのが好きなんですよね。継続的に、結果はどうなったとか、こういう資料なかったの?と声をかけあっています。業務時間中の忙しいときにワイワイガヤガヤしているとちょっと静かにしてほしいときもあります(笑)。

事務局が帰ったあとは結構話してて、盛り上がると、じゃあちょっと飲みにいきながらそれ話しましょうかとか、よくありますね。みんな行きつけのお店があるみたいで、ちなみに私は、大阪ではお寿司屋さんで、名古屋では餃子屋さんです。酒が入るとけっこう皆熱くて、ALGは今後どうすべきか、どうしていくのがいいだとか、俺はこう思う、これはここがおかしいんじゃないかとかね、そういう議論に発展して、皆よく考えてるなとか思うんですよね。そういうのが非常にいい交流がもててるかなと思います。

家永事件処理とかALGの雰囲気としては、たしかにどこの支部も別にそうするよう指示してるわけではないけれども、おせっかいやきな弁護士は多いなって気はしますね。
電話で全然関係ない事件の話をしてても、これこういう事件なの?こういうの前やっていたけれども、参考になると思うんでこの事件調べてみて下さいと声かけてくれたりとかいいですよね。

谷川支部からは東京オフィスに電話でよく聞いてますね。

家永支部と東京オフィスは距離もあるんで、顔を合わせて常にというわけじゃないけれども、ネットワークですよね。事務所内での所内用の連絡は取れるので、そういったところで連絡取りながらだったりとか、情報共有したりとかは日常茶飯事なのかなと思います。

谷川会議とかもありますもんね。

家永弁護士間の交流で一番密なのは支部単位だとか、事業部単位だけれども、クロスオーバーする部分っていうのは当然あって、特に支部・東京オフィス間は、東京オフィスに専門事業部があるので、やったことないかって話だったり、あとは東京オフィス発信で、こういう制度が新しくできたんでみなさん気をつけてくださいねというような話を発信したりもします。所内だけでも情報がある程度集まってきたりとか、何故かそういう情報をいろんな人に提供するのが好きな弁護士が多いので、自然発生的に情報が共有されてたりとかっていうのは多いのかな。

谷川回覧でこんな事件がありましたとか、こんな解決しましたとか、参考にしてくださいとか多いですよね。

家永うちの良いところは、個室とかじゃないので、結局弁護士同士手が空いているかどうかは目で見ればわかる。議論中の悩みも、自然と聞こえてくるところがあって、そこが交流を促進しているのかなと思います。

弁護士プロフィール

執行役員 弁護士 家永勲
執行役員 弁護士 家永勲東京弁護士会所属。特に詳しい法分野は会社法全般、不動産、フランチャイズ、IT関係、労務など企業の運営にかかわる法務全般。詳細プロフィール
執行役員 弁護士 谷川 聖治
執行役員 弁護士 谷川 聖治愛知県弁護士会所属。特に詳しい法分野は相続、不動産関係、医療過誤、交通事故、企業法務、その他一般民事。詳細プロフィール